7db31374cd6acc081841120be4643e36_s

昨年、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんが芥川賞を受賞したことが話題になりましたよね。

 

一般人の方は、芥川賞と聞くとすごそうな賞だけど、直木賞との違いがわからない…そもそも芥川賞と直木賞って何?と疑問に感じる方も多いと思います。

 

テレビのニュースで取り上げられたりしていますが、芥川賞と直木賞がどういう賞なのか?また、ダブル受賞することはできるのか?

 

ということを今回は紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

二つの賞の違いって何?

芥川賞も直木賞も二つの賞は、小説家や文学者のすごい方が受賞しているのはなんとなく分かりますよね。ですが、二つの賞はちゃんとした基準があって、全く違う賞になっているんです。

 

じゃあ二つの賞の違いは何?と思われるところですが、主な違いは4つあります。

 

それは、

 

・作品のジャンルの違い

・受賞対象

・作品の長さ

・作者のキャリア

 

の4つの違いがあります。これだけではわかりにくいと思うので、芥川賞と直木賞がどういった賞なのかを紹介しながら一つずつ見ていきますね。

 

芥川賞とは?

akutagawa_ryunosuke

芥川賞は、小説家の芥川龍之介の名前がつけられた賞です。「羅生門」「蜘蛛の糸」などが芥川龍之介の有名な作品ですね。国語の教科書にも載っていたかもしれません。

 

・芥川賞のジャンル

芥川龍之介は、35歳と若くして自殺してしまいましたが、彼は多くの作品を残してから他界しました。その作品の多くが、純文学というものです。

 

なので、芥川賞の対象ジャンルは純文学ということになります。

 

この純文学というのは、読者に対して面白いものを読んでもらおうと書いた内容のものではなくて、その作者自身の芸術的な意識など、文学を通して自己の世界を表現した内容のものになっています。

 

・受賞対象

次に受賞対象ですが、芥川賞の場合、作品そのものが受賞されるのではなく、作品を書いた人が受賞対象になるのです。

 

あくまでも、書いた人自身にスポットを当てて賞を送るということですね。

 

・作品の長さ

芥川賞では、短編~中編と比較的短い作品のものが受賞対象になっています。あまり長いものはダメといううことですね。

 

・作者のキャリア

芥川賞では、作者が無名・新人のための賞になっています。ただ、最近では新人ではない有名な作家も受賞していることから、新人かどうかといいうのは、選考基準から外されているのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

直木賞とは?

ghost_writer

直木賞は、直木三十五の名前がつけられた賞です。この人のことを知らない方は、えっ!?と思われたかもしれませんが、直木三十五はペンネームで、本名は植村宗一というそうです。芥川龍之介は本名で執筆活動をしていたので、少し違和感があるかもしれませんね。

 

直木三十五が逝去した1934年に、直木三十五と芥川龍之介の功績が讃えられて、直木賞と芥川賞の二つの賞が創設されたそうです。

 

・直木賞のジャンル

芥川賞の作品のジャンルである純文学とは違い、直木賞の作品のジャンルは、大衆文学となっています。ミステリー小説やSF小説、青春時代を描いた小説など、芸術性よりもエンターテイメント性や商業性を考慮した作品になります。

 

・受賞対象

直木賞の受賞対象は、芥川賞の人とは違い、作品そのものが対象になっています。なので、共同執筆やゴーストライターなどは問題にならなさそうですね^^;

 

・作品の長さ

芥川賞とは違い、直木賞では短編小説から長編小説までと、小説の長さは関係なく対象になっています。

 

・作者のキャリア

直木賞も、創設当初は無名や新人を対象としていたのですが、最近では無名の人や新人、中堅作家までが対象となっています。

 

二つの賞の違いを表でまとめるとこうなります。

 

ジャンル 受賞対象 作品の長さ 作家のキャリア
芥川賞 純文学 作品を書いた人 短・中編 無名・新人
直木賞 大衆文学 作品そのもの 短~長編 無名~中堅作家

 

ダブル受賞は可能?

結論から言うと、芥川賞と直木賞のダブル受賞は不可能になっています。

 

芥川賞と直木賞の選考は毎年、同時期に行われます。一つの作品が両方の賞の候補にあがることはありますが、どちらかの賞に選ばれると、もう一方の候補から外される仕組みになっているそうなんです。

 

そもそも芥川賞と直木賞では、対象が違いますので、二つの賞の候補に上がること自体珍しいですしね

賞金ってどれぐらい?

fb76a695b0871929546584a1262fcd61_s

芥川賞や直木賞に選ばれるぐらいですから、対象の本もめちゃくちゃ売れて印税もすごいと思いますが、賞金も気になりますよね(笑)

 

そこで、調べてみると

 

芥川賞と直木賞の賞金は同じで、100万円になります。

 

意外にもそんなに多くないんですね。ちなみに、漫才の日本一決定戦の「M1グランプリ」の賞金が1000万円なので、こちらの方が夢がふくらみそうですね^^

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

芥川賞と直木賞の違いを紹介してきましたが、どちらもすばらしい賞であることは間違いありません。

 

昨年は、お笑い芸人の又吉直樹さんが受賞したことで話題になりましたが、今年の受賞作品も本屋さんの店頭に並ぶことは間違いないと思いますので、あまり本を読まない方でもチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク