17e4d79bccd2ce873c7c0feb8fd0c83a_s

 

11月のイベントといえば、ボジョレー・ヌーボーの解禁ですよね。飲んだことがあるかどうかや味はさておき、一度は名前を聞いたことあると思います。でも、ボジョレー・ヌーボーが一体どういう意味なのかや、そもそもボジョレー・ヌーボーって何?と思っている人もいると思います。

 

そこで今回は、ボジョレー・ヌーボーがどういう意味なのかや、そもそもボジョレー・ヌーボーは何なのかを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

そもそもボジョレー・ヌーボーって何?

54816ea13d51a216ab34bf14dbee2e07_s

 

おボジョレー・ヌーボーとは、フランスにあるブルゴーニュ地方のボジョレー地区でつくられるワインのことをいいます。赤ワインの方が多くなっていますが、白もあります。簡潔にいうとフランスのワインですね。

 

でも、ただのフランスのワインという訳でもないんです。このボジョレー・ヌーボーの原材料はガメイ種といわれるブドウですが、ボジョレー・ヌーボーはその年に収穫されたブドウから造られる最も新しいワインなのです。

 

ボジョレー・ヌーボーの意味は、「ボジョレー」が”ワインの生産地の名称”のことで、「ヌーボー」は英語の「new」と同じ意味で”新しい”という意味でボジョレー・ヌーボーは新しいワインという意味になります。

 

でも、ワインと聞くと寝かせれば寝かせるほどおいしくなる、というイメージがありますよね。醸造期間が長くなるほど美味しいワインができるからです。

 

じゃあなぜ、ボジョレー・ヌーボーのような醸造期間の短いワインを造るのかとういと、主にその年のブドウの品質が良いのか悪いのかを測るために造られているといいます。いわゆる試飲用のワインみたいなものですね。

 

ボジョレー・ヌーボーの出来は、原材料のブドウによって変わってきます。ブドウの育った環境や栽培方法によって大きく味が変わるのです。なので、年によって美味しいものもあれば、逆に本当にまずいものもあります。

 

ちなみに、その年のボジョレー・ヌーボーの出来は、毎年出されるキャッチコピーで分かるようになっています。キャッチコピーなので、一般ウケのよさそうなものばかりではなく、2012年のように「ボジョレー史上最悪の不作」というものもあります。

 

自分たちで”史上最悪”といっているぐらいなので、この年は相当ブドウの出来が悪かったんだと想像できますね(笑)。

 

スポンサードリンク

ボジョレー・ヌーボーの解禁日の意味

miya16021608dsc_2194_tp_v

 

ボジョレー・ヌーボーには、解禁日というものがあります。ボジョレー・ヌーボーが解禁されると、一般的な小売店でボジョレー・ヌーボーが販売されるようになります。

 

逆に言うと、解禁日を迎えるまで、その年に収穫されたブドウを使った一番新しいボジョレー・ヌーボーは市場に出回ることはありません。解禁日はフランス政府によって定められているので、解禁日より前に販売すると罰則が与えられてしまうのです。

 

どんな罰則かというと、解禁日より前に販売したお店に対して、『今後一切の販売を認めない』といった処置が取られるそうです。かなり厳しい措置になりますね^^;

 

というのも、フランスではワインやチーズといった特産品を守るという文化があるため、政府によってそういった特産品の規制が他の国よりも細かくて厳しくなっているからなんだそうです。

 

それに加えて、もともとは解禁日などなかったのですが、ボジョレー・ヌーボーが世界的に知られるようになった頃、ワイン業者が誰よりも早く市場にボジョレー・ヌーボーを卸そうと競り合う用になっていました。

 

そのため、質の悪いボジョレー・ヌーボーが出回るようになってしまったのです。そこで、ワイン協会が品質を守るために解禁日を設け、一斉に販売することでボジョレー・ヌーボーの品質を保てるようにしたのです。

 

ボジョレー・ヌーボーに解禁日が設定されているのは、日本で例えるとお米の”新米”に解禁日が設定されているようなものですね。

 

日本で解禁日の前にボジョレー・ヌーボーを販売しても、罰則を受けることはありませんが、輸入業者の間で解禁日まで販売しないという契約を交わしているようなので、解禁日までボジョレー・ヌーボーは飲めそうにないですね。

 

外国の輸入業者にまで影響力を及ぼしているぐらいなので、フランスのボジョレー・ヌーボー愛は相当深そうですね。こういった解禁日が設けられると、それだけでプレミア感が出る気がするので、余計に人気になったのではないでしょうか?

 

11月第3木曜日の意味って?

そこで、気になるのがボジョレー・ヌーボーの解禁日ですが、なぜか11月の第3木曜日と固定の日付じゃないんです。

 

もともとは、ワインが出来上がる時期の11月11日が解禁日とされていましたが、それから宗教的な問題があって、11月15日に変わりました。

 

でも、日付を固定してしまうと、ワイン運搬業者やワインショップがお休みになってしまいます。という事情があって毎年11月の第3木曜にしようとフランス政府が決めたのです。

 

こういった裏事情も、ボジョレー・ヌーボーが想像していたよりも人気になったからだと思います。それにしても、もともとは試飲用のワインがこんなに有名になるとはフランスの方も思っていなかったんじゃないでしょうか?

 

ボジョレー・ヌーボーに関する記事はこちら

ボジョレー・ヌーボーに関する知識や基本情報まとめ

日本のボジョレー・ヌーボーの値段は高すぎる?フランスとの比較は?

ボジョレー・ヌーボーのキャッチコピーまとめ!誰が考えてるの?

 

スポンサードリンク