a0006_000818

 

11月のイベントとといえば、ボジョレー・ヌーボーの解禁ですよね。ワイン好きには欠かせないと思います。ですが、ボジョレー・ヌーボーの美味しい飲み方ってご存じですか?ボジョレー・ヌーボーは普通のワインとは違うので、飲み方も工夫したいところです。

 

せっかくのお酒なので、最高の飲み方でボジョレー・ヌーボーを楽しみたいですよね。そこで今回は、ボジョレー・ヌーボーの美味しい飲み方などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ボジョレー・ヌーボーってどういうお酒?

pak55_akaieki-glass_tp_v

 

毎年11月の第3木曜日になると、ボジョレー・ヌーボーの解禁日がやって来ます。日本は極東の国ということもあり、世界で一番早くボジョレー・ヌーボーの解禁日を迎えるということなので、この時期はボジョレー・ヌーボーの話題に尽きないと思います。

 

そもそも、ボジョレー・ヌーボーとは、通常のワインでであれば、1年以上という長い年月をかけてゆっくりと寝かせて造るところを特別な製法を使って2~3ヶ月で仕上げてしまうワインなのです。

 

なので、もともとはその年に収穫したブドウの出来を確かめるための試飲用のワインなのです。

 

それが、地元から世界へと人気になり、一早くその年のボジョレー・ヌーボーを飲みたいという愛好家が殺到して、解禁日が設けられるというほど人気になったのです。

 

もともとは試飲用で短期的に作ったワインなので、飲み方ももちろん変わってきます。普通の製法のワインと同じ飲み方だと、ちょっとまずいかも…ということもあると思います。

 

次からはボジョレー・ヌーボーの間違った飲み方や美味しくなる飲み方などを紹介していきますね。

 

ボジョレー・ヌーボーの残念な飲み方と正しい飲み方

a0790_000671

 

ボジョレー・ヌーボーの美味しい飲み方を紹介していく前に、よくやってしまいがちな残念な飲み方を紹介していきますね。

 

常温で飲む

”赤ワインは常温で飲むもの!”というのを聞いたことはありませんか?

 

というのも、赤ワインは冷やしすぎると特有の渋みが強調されて、まずくなってしまうからなんです。ですが、ボジョレー・ヌーボーの場合は、元々渋みが出ない製法を採用していますので、逆に少し冷やして飲むのが美味しい飲み方になっています。

 

寝かせて飲む

”ワインは寝かせるほど美味しくなるもの”とよく聞きますよね。

 

ですが、これもボジョレー・ヌーボーには当てはまりません。

 

他のワインは寝かせると、熟成されていきますが、ボジョレー・ヌーボーはもともと「試飲用のワイン」ですので、寝かせても熟成されず時間とともに味は落ちていきます。なので、この飲み方も間違った飲み方になってしまいます。

 

スポンサードリンク

グラスを気にしない

”良いワインはグラスなんて関係なく美味しい”そう思っている方はいませんか?

 

ですが、ワインはグラス一つで味が全く異なる飲み物です。これはボジョレー・ヌーボーにも当てはまります。ボジョレー・ヌーボーに限らず、そのワインに合ったグラスを使う飲み方の方が全然美味しくなります。

 

肉料理に合わせる

pak42_akawinetoniku20130825_tp_v

 

”赤ワインといったら肉料理!”よくそう聞きますよね。

 

もちろん、しっかりした赤ワインに肉料理は合いますが、ボジョレー・ヌーボーの場合は異なってきます。ボジョレー・ヌーボーの場合は、ライトでフルーティーな味わいが特徴となっているワインです。

 

なので、味の濃いステーキなどの肉料理や、クセの強いチーズ、和食でも燻製やてりやきは避けた飲み方をしたほうが良さそうです。

グラスをぐるぐると回す

ワインの楽しみ方は人それぞれです、しかし、ボジョレー・ヌーボーの場合、ワイングラスを過度にぐるぐる回しすぎるのはNGです。

 

ボジョレー・ヌーボーは、もともと香りが少なく、熟成されたワインとは違いフレッシュな風味が特徴だからです。なので、適度に回してほのかな香りを楽しむのがベストですね。

 

ボジョレー・ヌーボーの美味しい飲み方

pak66_nanimohaittenaiglass20130608_tp_v

 

冷やす

先程も紹介したようにボジョレー・ヌーボーは冷やのが美味しい飲み方になっています。そこでより美味しい飲み方をするためにどれぐらい冷やせばいいかというと、10~14度が飲みごろの温度になっています。

 

これは、飲む1~2時間前から冷蔵庫に入れておくと、ちょうどこれぐらいの温度になります。

 

キンキンに冷えすぎないぐらいが、スッキリして美味しい飲み方ができそうですね。

 

適したグラス

ボジョレー・ヌーボーは香りが少ないワインなので、グラスで注意するのは、飲み口(リム)が狭く、ワインが空気に触れにくいチューリップ型のグラスを選ぶようにしましょう。

 

おすすめのグラスは「キャンティ」と呼ばれるものです。ぜひワインに合ったグラスで美味しい飲み方をしてくださいね。

 

あっさりした食べ物を合わせる

先程も紹介したように、ボジョレー・ヌーボーは濃い味の食べ物と合いません。ですが、その他和食・洋食・中華・スナックと大抵のあっさりした食べ物ならなんでも合います。

 

塩味の焼き鳥、イカや焼き魚などの魚介類、サンドイッチ、あっさり系の魚介パスタ、生ハム、サラミ、グラタン、ポテチ…etc合うものが多いのでこれぐらいにしておきますが、ポイントはあっさりした食べ物です。味の濃いものやアクが強いものはダメです。

 

ぜひ、ボジョレー・ヌーボーに合う自分だけのオリジナルの組み合わせや飲み方を探してみてくださいね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

11月解禁のボジョレー・ヌーボー。毎年どんな味になるか分からないのも楽しみの一つですが、せっかく世界で一番早くボジョレー・ヌーボーが解禁されるので、美味しい飲み方で楽しんでくださいね。

 

ボジョレー・ヌーボーに関する記事はこちら

ボジョレー・ヌーボーに関する知識や基本情報まとめ

ボジョレー・ヌーボーの意味って何?普通のワインとは違うの?

ボジョレー・ヌーボーはまずい!?日本人は騙されている?

 

スポンサードリンク