19d1e6d53a86553cb3f5e8d9a45c9736_s

 

年末といえば忘年会ですよね。会社や仲間内で忘年会をするという方も多いと思います。ところで、忘年会の余興のゲームって何をするか決まっていますか?

 

特に、大人数の忘年会でゲームをする場合は、一体何をしたらいいか会場が盛り上がるのか?など幹事の人は頭を悩ませているかもしれません。

 

そこで今回は、忘年会を大人数で盛り上がれるようなゲームを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ビンゴ大会

忘年会の定番中の定番です。忘年会の余興やゲームといえばこれですね。ただ、皆さんお酒がはいっていらっしゃるので、普通にビンゴ大会をしても面白くないと思います。

 

少しルールをひねってみるのもいいと思います。

 

例えば、ビンゴになった人は商品を受け取れますが、どんな商品を受け取れるかはクジで決められるなど。早くビンゴになったからといって、いい商品がもらえるかは分かりません(笑)。

 

いち早くビンゴで抜けても、がっかりするような商品だったら、本人は残念でしょうが会場は大盛り上がり間違いなしです。

 

他にも、BGMをつけるのもいいでしょう。番号を発表するとき、商品を渡す時など、少しのアクセントかもしれませんがおおげさにすることで、ただのビンゴの雰囲気も様変わりしますよ。

 

百円争奪戦

名前の通りで、忘年会の参加者全員で100円を奪い合うゲームです。どうやって、100円を奪い合うかというと、じゃんけんで決めます。

 

参加者全員に100円玉を一枚用意し、起立してもらいます。ゲームが始まると、2人1組になってじゃんけんをします。それで、負けた人は買った人に100v円玉を渡し着席します。

 

最後まで勝ち続けた人が優勝で、100円玉を総取りできます。100円玉一枚で参加できますし、勝てばちょっと得した気分になれますね(笑)。

 

普通に近くの人とペアになってじゃんけんでも面白いですが、アナウンスに一工夫して、「この中で負けたくない相手とペアになってじゃんけんする。」と言うともっと盛り上がれます。

 

同僚はもちろん、自分よりはるかに役職が上の上司にじゃんけんを挑んだりする人が出てきて、「お前、本気か!?」という感じでいっそう盛り上がれますよ(笑)。

 

スポンサードリンク

伝言ゲーム

ルールは簡単で、まず列を作ってもらい、司会者から出されたお題を列の先頭の人から後ろの人にその内容を伝えていき、列の一番最後の人がそのお題を答えるというゲームです。

 

大人数になればなるほど、正確性が必要ですが、いかんせん忘年会の余興。みなさん酔っ払っているので、うまく伝えられない人も多いと思います^^;

 

イメージ借り物選手権

イメージ借り物競争とは、5人ぐらいの参加者を集め、司会者があるお題を出してそのお題に最も近いもの(人でもOK)を持ってきた人が勝ち抜けのトーナメント形式で行います。

 

ポイントとしては、お題は「お金」や「ネクタイ」のような具体的なものではなく、「美しいもの」、「珍しいもの」というように抽象的なものにします。

 

そうすると、同じ「美しいもの」というお題でも、美しいアクセサリーを持ってくる人や美女を連れてくる人、はたまた美しい学歴を持つ人など、参加者のイメージ力が試されてより楽しいゲームになりますよ。

 

エアチェアーで山手線

忘年会では山手線ゲームは有名ですが、ただの山手線ゲームではありません。空気イスをしながら答えるというかなり体育会系のゲームになります(笑)。

 

か弱い人や女性にはしんどいと思うので、体育会系の有志を募って対決するというゲームだと盛り上がれそうですね。

 

ストッキングデスマッチ

よくお笑いのテレビ番組でやると思いますが、2人がストッキングを頭から被り、背中合わせでストッキングの先っぽを結び引っ張り合うというゲームです。

 

先にストッキングが取れた方が負けですが、ストッキングを被るとどんな美男・美女でも変な顔になります(笑)。しかも、そこから引っ張り合うので、変な顔がさらに崩れて会場は爆笑必須になること間違いなしです^^;

 

普段は気取っているイケメンや、恐そうな上司がこのゲームに参加するとギャップで同僚や部下は大爆笑間違いなしですね(笑)。

 

ぐるぐるバット

バットでぐるぐる回り、10メートル程歩き、一番早くゴールにたどり着いた人が勝ちの対決です。

 

酔ってフラフラした状態からさらに、バットでぐるぐるするのでまともに立っていることすら難しい人がほとんどだと思います。ただ、ひどく泥酔している人にぐるぐるバットをさせると、吐いてしまうかもしれないので注意が必要ですね。

 

人物当てゲーム

あらかじめ参加者の小さい時の写真を用意して、解答者に誰の写真か当ててともらうというゲームです。小さい頃の写真とのギャップで爆笑や盛り上がりを誘いそうですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

忘年会で盛り上がれるゲームを紹介してきましたが、忘年会に限らずに大勢集まるパーティーなどでも使えるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク