27517cf056734bc9b4d5f81e0ee065e0_s

 

1年の締めくくりといえば忘年会ですよね。忘年会で1年間の嫌なことや疲れを騒いで忘れたいところですが、幹事や司会進行役を任されるとそうも言ってられないですよね。

 

特に、社会人1、2年目という経験の浅い人が司会や幹事役を頼まれることもしばしば…

 

上司や同僚の見ている前で、ヘタな幹事や司会進行役を見せてしまうと、「あいつは幹事や司会もできないやつだから(笑)。」と仕事にも影響がでてしまうかもしれません…。

 

そこで今回は、簡単にクールに見せる幹事や司会進行の仕事のこなし方を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

忘年会の幹事の役割と進行

c978f4a93b08cfd9d93301668db82c01_s

 

忘年会の幹事の主な仕事は司会進行とタイムキーパーです。司会進行はもちろん大切ですが、それ以上に時間配分を考えるのが最も大事です。

 

忘年会の予約時間、お店が使える時間をしっかりと把握し、決められた時間内にスムーズにことを運ぶことが最も重要な役割になります。

 

長い挨拶をする上司や酔っ払うと手がつけられなくなる上司、予定よりも忘年会の時間が押している…なども全て配慮した上で時間配分を行わなければなりません。

 

たくさんの人の前で司会をするのは緊張すると思いますが、幹事は人前で上手くしゃべることよりも、忘年会をスムーズに時間通りに終わらせることの方が重要なのです。

 

人前で話すことは緊張しますが、お酒がはいってしまえばおそらく次の日には皆忘れています^^;なので、少しぐらい噛んだり話す内容が飛んでしまっても、司会をスムーズにできれば問題ありませんよ。

 

それでは、基本的な忘年会の進行の流れを紹介していきますね。

進行の流れ

1.幹事(司会進行役)の挨拶や紹介

2.開会の挨拶

3.乾杯の音頭

4.歓談や会食

5.余興

6.閉めの挨拶

7.お開き・二次会の案内

 

忘年会はだいたいこのような流れだと思います。上記の流れを踏まえつつ、ポイントを押さえて紹介していきますね。

 

スポンサードリンク

幹事・司会進行役の挨拶

まず、簡単に幹事や司会進行役の挨拶から始まります。簡単な自己紹介ですね。はじめの第一声になるので緊張するかと思いますが、はっきりと大きな声を出すようにこころがけましょう。

 

忘年会の始まる前は、少しざわざわしていると思いますので、全員の注目を集めるためにも大きくはっきりとした声が必要なのです。

 例本日はお忙しいところ、お集まりいただき誠にありがとうございます。これより忘年会を始めさせていただきたいと思います。

本日の司会を勤めさせていただくことになりました〇〇(所属先と名前)と申します。至らない点が多々あると思いますが、どうかよろしくお願い致します。

 

 

開会の挨拶

開会の挨拶は、基本的に忘年会の参加者の中で一番上役の方(社長や専務など)にお願いします。さすがに社長に手短の挨拶をして下さいとは言えないので、予め上司の方に挨拶ではどれぐらい話すのか時間を聞いておいたほうが良さそうです。

 

挨拶は前もってお願いしておくようにしましょう。急に振るのはよくありませんね。

 例まずは開会のご挨拶を〇〇社長にお願いしたいと思います。〇〇社長よろしくお願い致します。

 

 

乾杯の音頭

乾杯はそのまま開会の挨拶をしてくださった方にお願いするか、その次に上役の方にお願いしましょう。念の為にも、こちらも前もってお願いしておきましょうね。基本的には断られません。

 例〇〇社長ありがとうございました。それではおまちかねの乾杯にうつりたいと思います。☓☓部長よろしくお願い致します。

 

 

歓談や会食

27aca14faa3b0aa6023259dfaaa0d1a2_s

 

幹事や司会者にとっては少し安心する時間かもしれませんね^^;。ですが、次の余興の準備や時間の調整もこのタイミングでしなければなりません。

 

幹事や司会者にはご飯を食べる時間もほとんどないと思っておいた方がよさそうですね…。

 例ありがとうございました。それでは暫くの間ご歓談をお楽しみ下さい。この後は皆さんが楽しんでいただけるような余興もご用意させていただいておりますので、楽しみにしておいて下さい。

 

 

余興

雑談と会食の時間を10~20分程とったぐらいで、折をみて余興をスタートさせましょう。

 

この段階でほとんどの人は、酔いが回っているので、もはや司会進行の質はそれほど問われません(笑)。緊張も取れてきたと思うので、大きくはっきりした声でテキパキ進行するようにしましょう。

例皆様、お食事をお楽しみのところだと思いますが、ここで余興の時間に移りたいと思います。

 

 

締めの挨拶

締めの挨拶も簡潔に素早く終わらせるようにしましょう。閉会の挨拶は、上司の方に挨拶をお願いすると思いますが、時間によっては1本締めだけをお願いするなど柔軟性が必要です。

 例宴もたけなわではございますが、お時間が迫ってきておりますのでここでお開きにしたいと思います。最後に〇〇さんに締めの音頭をいただきたいと思います。

 

 

お開き・二次会の案内

一旦忘年会はお開きにして、二次会の案内や酔過ぎた人の対応(タクシーを呼ぶなど)、でとりあえず幹事や司会進行の役割は終了です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

幹事や司会進行の役を任されるというのは、かなりプレッシャーですよね。ですが、緊張をほぐすためにお酒を飲みすぎてしまうと、まともな司会が出来ませんのでやめましょうね^^;

 

スポンサードリンク