30c0deb41c9049f2b40dbd786b980203_s

 

学校行事の中でも、最も人気のあるのが文化祭ですよね。文化祭の出し物や企画はいろいろあると思いますが、お化け屋敷をするクラスや団体も多いのではないでしょうか?でも、文化祭のお化け屋敷の仕掛けとか構成のアイディアとか難しそうですよね。

 

そこで今回は、文化祭のお化け屋敷の仕掛けやどういう構成のアイディアを考えればいいのかなどを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

お化け屋敷のテーマ

お化け屋敷でまず始めに考えなければならないのが、「テーマ」です。やみくもにお化け屋敷を作るよりも、一つのテーマに絞ってどういうお化け屋敷にするか考えた方がスムーズに作業が進みます。

 

では、文化祭や学園祭では、どういったテーマのお化け屋敷が作られているのかというと、

廃校

病院

お寺

和室

手術室

旅館

協会

墓地

女子トイレ

 

 

などのテーマでお化け屋敷が作られていることが多いです。私も高校の時の文化祭で一度だけお化け屋敷をしたことがありますが、病院というテーマでお化け屋敷を作りました。お化け屋敷のテーマでは、病院や墓地、廃校などが多いイメージです。

 

どういうタイプのお化け屋敷にするか

53756a534c29ca31c1419b6d3bdad741_s

 

お化け屋敷のテーマが決まると、次はどういうタイプのお化け屋敷にするか決めます。お化け屋敷と言ってもいろいろなパターンがあります。

 

代表的な例としては以下の3つです。

 

ゴールを目指す

入り口から入って、ゴールを目指すという単純で分かりやすい構造のお化け屋敷です。

 

特定の指示に従う

例えば、お化け屋敷の奥で鐘を鳴らすや人形を打ち付けるなど、参加者に何か指示を与えてそれを実行してもらうというものです。ミッション性があって面白くなりますが、時間がかかりすぎると後が詰まるので注意が必要です。

 

何かを取ってくる、置いてくる

肝試しなどで経験したことがあるかもしれませんが、お札などの小物を取ってきたり、奥に置いてきたりというものです。こちらも、より恐怖感を煽れたりして面白いですが、参加者に分かりやすくすることが必要です。
事前にテーマや構成を考えておくことで、お化け屋敷作りも迷わずにスムーズに進めることができます。途中でブレたりすると、趣旨が分からないお化け屋敷になってしまいかねないので、必ず文化祭でお化け屋敷を作る際は、テーマや構成をまず考えましょうね。

 

スポンサードリンク

お化け屋敷の基本的な仕掛けや演出

お化け屋敷の仕掛けや演出を、必ず必要な基本的なことと応用的なことの2つに分けて紹介していきますね。

 

右回りの曲がり角を多くする

お化け屋敷やジェットコースターはより不安感を出すように右回りに作られています。また、曲がり角を多くすることで、通路の先で何が起きるか予想しづらくなるのでより恐怖心を高めることができます。

また、通路は一本道にして狭くすると、逃げられないような不安感が生まれるので怖さが増しますよ。

 

真っ暗にする

当たり前のことだと思いますが、お化け屋敷は真っ暗が基本です。少しの光も差さないように遮光カーテンはもちろんのこと、黒いゴミ袋、黒塗りのダンボール、黒色のガムテープ等で窓から光が一切入らないようにしましょう。

 

怖いBGMを流す

真っ暗なだけでも怖い雰囲気が出ますが、より雰囲気を出すように怖いBGMは必須です。お化け屋敷のテーマや雰囲気の合ったBGMを選ぶようにしましょうね。

 

突然なにかが起こる

こちらも文化祭に限らず、お化け屋敷の基本中の基本ですね。何事もないところから急に物音がしたり、お化けが出てきたりと客の予想を裏切り、不意をつくことで驚かせます。なんども繰り返すことで、客の恐怖心を煽ることができます。

 

怖い置物を置く

気味の悪い小道具など不気味な物を置くことによって怖い雰囲気を出す効果があります。日本人形や銅像、マネキンなどを配置すると、恐怖心が煽られます。また、これらを置いておくだけでなにか起きるんじゃないかと客に不安を感じさせます。

 

お化け屋敷の仕掛けや演出のアイディア一覧

bbe3e80316590802fae711ed59c99c88_s

 

お化け屋敷でよく使われる仕掛けや演出をまとめてみましたので参考にしてみてくださいね。

 

事前に恐怖心を煽るDVDを見せる

急に足場が不安定になる

急に音が出たり明かりがつく

置き物がお化けになって動き出す

壁から手が出てくる

壁の奥から突然音が出る

動きそうにない物が急に動く

上からマネキンが降ってくる

霧吹きやスポイトで水滴をかける

電話がなる⇒後ろから驚かす

 

驚かせるコツとしては、曲がり角で右に曲がる際に、注意が向いていない逆方向から驚かせると、より恐怖感が増します。

 

また、よくお化け屋敷の仕掛けや演出に、こんにゃくを使うイメージがありますが、結構生臭くて教室の臭いが最悪になってしまいます。なので、食べ物はやめたほうが良さそうですね^^;

 

それから、私が文化祭でお化け屋敷をやった時は、顔だけのマネキンを大量に用意しました。置いておくだけでも怖いですが、血糊や傷跡をつけて、急に上から降らせたりすると結構怖がる人がいました。

 

意外とお化け役って怖がられなかったりします^^;なので、タイミングや演出にこだわって、お化けや仕掛けを使うといいですね。

 

お化け屋敷の注意点

文化祭のお化け屋敷では以下のことに注意をして行わなければなりません。仕掛けや演出が行き過ぎてしまうことを防ぐためです。

 

・火や煙を使わない

・お客さんに触れない

・階段や屋外の危険な場所で驚かせない

・火災時に安全に逃げられる通路を確保する

 

テーマパークなどで、演出のためにスモークを焚くことがありますが学校だと火災報知機が作動したりするのでやめた方がいいです。スプレーぐらいなら大丈夫ですよ。

 

行き過ぎ仕掛けや演出をすると、苦情が来たり、今後お化け屋敷ができなくなってしまったりします。そうなると、他の在校生にも迷惑になるのでやめましょうね。

 

まとめ

怖くて面白いスリルのあるお化け屋敷を作ることも大事ですが、それ以上に安全でお客さんに危害が及ばない安全なお化け屋敷を作ることも大事です。自分たちだけでなく、お客さんにも喜んでもらえるようなお化け屋敷づくりを心がけましょうね。

 

文化祭に関する記事はこちら

文化祭の出し物まとめ

文化祭のテーマやスローガンのおすすめフレーズ一覧!

文化祭のおすすめの劇ってどれ?面白くする工夫は?

 

スポンサードリンク