ec22b10a1ed66fbee9814447a41bc4ad_s

 

12月の一大イベントといえばクリスマスですが、クリスマスの起源はキリスト教じゃないってご存知でしたか?私もクリスマス=キリストの誕生日って小さい頃に聞かされましたが、本当は別の宗教が起源になっていたそうなんです。

 

騙されてたの!?という気分ですが、クリスマスの起源となった宗教は何なのか?クリスマス=キリストの誕生日となった背景は何なのか?紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

クリスマスの起源はミトラ教

ミトラ教…?何それ聞いたことないんだけど…。という感じですよね。高校の歴史の教科書に載ってたかもしれない…ぐらいの気持ちだと思います。

 

ミトラ教がなぜクリスマスの起源なのか?ミトラ教が、クリスマス=キリストの誕生日になった理由と関係しているのか?紹介していきますね。

 

クリスマスの起源はミトラ教の冬至のお祭り

キリスト教が人々に浸透するようになったのは古代ローマ帝国の時代ですが、キリスト教が流行する前は、ミトラ教というものが流行していました。

 

このミトラ教という宗教では、太陽神のミトラスを称える太陽信仰を行っていました。太陽神を信仰する宗教ということもあって、ミトラ教では「冬至」のお祭りが大事な習慣とされ、毎年12月25日に行われていました

 

このミトラ教の「冬至」のお祭りがクリスマスの起源になります。

 

当時のミトラ教では、日照時間が短くなる=死が近づくと恐れられていたこともあり、冬至を境に日が長くなることから、「太陽神ミトラスが復活する日」として冬至の日にお祝いのお祭りをしていたのです。

 

確かに、最近でも冬が近づくと「冬季うつ」というように、他の季節に比べて気分がふさぎ込んでしまったり、睡眠時間が長くなったりと気が暗くなりやすい季節なので、こういうお祭りができたのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

キリストの誕生日にしたのはローマ帝国?

d5ced5a11f37af54de9119b374dfddef_s

 

ミトラ教の冬至のお祭りがクリスマスの起源なら、クリスマスはイエス・キリストの誕生日どころか、キリスト教も一切関係ないですよね。

 

でも、なぜミトラ教のお祭り(クリスマスの起源)がキリスト教のイベントに変わったのかというと、ローマ帝国がキリスト教を国教(国公認の宗教)にしたことが原因じゃないかと思います。

 

当時のローマ帝国ではミトラ教徒が多数を占めていましたが、キリスト教の布教によって、どんどんキリスト教徒が増えていきました。

 

そこでローマ帝国はキリスト教を国教としましたが、民衆に根付いたミトラ教の習慣をすべてなくして、キリスト教の習慣にするのは難しかったようです。

 

民衆との軋轢を避けるためにキリスト教側は仕方なく、民衆に根付いたミトラ教の習慣をキリスト教の習慣に組み込むことにしました。

 

冬至のお祭り=太陽神復活=世に光をもたらす=イエス・キリストの誕生とやや無理矢理な感じではありますが、うまく民衆の習慣をキリスト教のイベントにすり替えることに成功したのです。

 

ちなみにキリストの誕生に関する出生記録は残っておらず、12月25日はキリストの誕生日ではないという説も濃厚になっていることから、強引にキリストの誕生日にした可能性があります…。

 

死んだ後に誕生日を変えられるのは少し悲しいかもしれませんね…。

 

クリスマスの起源がキリストの誕生日になった直接の原因は、キリスト教徒が元ミトラ教徒との対立を避けるために習慣を併合させたことですが、元をたどればローマ帝国のキリスト教の国教化が原因じゃないかと思います。

 

古代のことなので、諸説はありますがクリスマスの起源が初めからキリストの誕生日だったということはなさそうですね。

 

日本のクリスマスの起源はザビエル

a99209865069145b03e8fb91164f3be0_s

 

日本のクリスマスの起源は、1552年にザビエルが日本のキリスト教徒を集めて行ったミサ(キリスト教の祭り)だと言われています。1549年にフランシスコ・ザビエルが山口県にやってきて、キリスト教を布教してから3年後の事になります。

 

1549年なので以後よく広まるキリスト教という語呂合わせで覚えた記憶がありますが、キリスト教とクリスマスはセットということじゃないでしょうか?

 

それ以降、クリスマスはキリシタン大名(キリスト教徒の大名)を中心に行われるようになっていましたが、1617年の江戸時代にキリスト教禁止令というものが出され、クリスマスも禁止されました。

 

キリスト教徒が異端とされていた時代のことなので、クリスマスを祝う人=キリスト教徒=異端とされました。

 

その後、明治時代にキリスト教が解禁され、クリスマスも復活しました。この頃は、キリスト教徒だけがクリスマスのお祝いをしていましたが、徐々に信徒以外の人にも伝わっていくことになります。

 

最近では、キリスト教のイベントというよりも、友人や家族、恋人と楽しく過ごす特別な日というイメージや、年中行事の一つとなっていますね。

 

現在の日本のクリスマスは、ザビエルが伝えたクリスマスとは全然違うものになっているかもしれません。日本のクリスマスの起源はザビエルなのに、少し申し訳ないですね^^;

 

まとめ

クリスマスはイエス・キリストの誕生日なので、キリスト教が起源だと思っていた人も多いと思います。クリスマスは、キリストの誕生日ではなく太陽神が復活する日が起源と聞くとなんだかとても神々しい気持ちになってしまうのは私だけでしょうか^^;?

 

スポンサードリンク