576ccb26ef29a5a53a7b5892dcafe223_s

 

あなたは、クリスマスプレゼントってどこに入れて子供に渡しますか?

 

靴下をイメージしましたか?実際には、靴下なんかには入らないことが多いのに、なぜかクリスマスプレゼント=靴下に入れるというイメージが強いですよね。

 

不思議に思って調べてみたところ、ちょっと変わったお話が関係していました。そこで今回は、クリスマスプレゼントを靴下に入れる理由や靴下の作り方などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

心優しい聖人のお話

このお話で登場する聖人はサンタの起源になった「聖ニコラウス」という方になります。簡潔に言うと、この聖ニコラウスが貧しい人を救った時にたまたま靴下が関係していたという話になります。

 

それでは、靴下にプレゼントを入れるようになった由来となるお話を紹介していきますね。

 

靴下の中に大量の金貨が…

dfdb8dad508e208208307d84f88ee1dc_s

 

昔々、聖ニコラウスの近所に、貧しい靴屋の一家が住んでいました。

 

一家には、美しい三人の娘がいましたが、嫁入りの支度金を用意することが出来なくて思い悩んでいました。父親は悩みに悩んだ末に、娘達の身を売ろうとしたのです。

 

その話を聞いた聖ニコラウスは、娘達のことを気の毒に思い、なんとか助けようと夜中に煙突から大量の金貨を投げ込んだのです。

 

煙突から投げ込まれた金貨は、暖炉のそばに干してあった靴下の中に見事にはいったのです。

 

翌朝、靴下の中に金貨が入っていることに気がついた一家は、天からの恵みだと感謝し、無事に長女を嫁に出すことができました。

 

さらに、聖ニコラウスは次女と三女が嫁入りする前にも、同じように煙突に金貨を投げ込み、無事に靴屋の三人娘達は嫁入することが出来たのです。

 

 

 

このお話がクリスマスプレゼントを靴下に入れる起源になっていますが、昔話なので、いろいろとツッコミを入れたくなる要素がたくさんありますよね…^^;

 

嫁入りの支度金が足りないから自分の娘を売り飛ばすって…、人身売買じゃないか!なんてひどい親だ!

 

煙突に投げ込んだ金貨が、三連続で暖炉近くの靴下に入るわけないじゃん(笑)。

 

聖ニコラウス太っ腹すぎ、どんだけ金持ってんの?とか思ってしまいます^^;

 

ちなみに、なぜ聖ニコラウスがこんなに金を持っていたかというと、資産家で信心深い両親のもとに生まれ、両親の死後莫大な遺産を相続したからなんだそうです。

 

でも、いくら金をもっているからといって、一つの家族に肩入れしすぎですよね…。これだと、他の貧しい家族から、あの家だけズルい!家にも金くれ!とお金をせびられてしまいそうです…。

 

スポンサードリンク

クリスマス用の靴下の作り方!

f7aa9b18c3487f539bd4fa2f7b69f6eb_s

 

普段使っている靴下って、入り口が小さすぎてクリスマスプレゼントなんてとても入りそうにありませんよね。入ってもアメとか小さなお菓子ぐらいです。

 

もちろん、クリスマス用の靴下をお店で買ってもいいと思いますが、使わなくなった服の布などを使って、簡単にクリスマス用の靴下を作ることが出来ます。

 

簡単にできるクリスマス用の作り方を紹介していきますね。

 

用意するもの

布2枚(綿やフェルトでもOK)

厚紙1枚(型紙にするものなので、他の紙などでもOK)

作業道具(まち針、ペン、ハサミ、糸、ミシン、アイロンなど)

 

 

作り方

1.型紙に靴下を書き、ハサミで切り取る

まず、型紙に作りたい大きさの靴下を書いていきましょう。デザインは、できるだけシンプルな靴下をイメージした方が後々の作業が簡単になりますよ。

後は、型を線に沿ってハサミで切り取れば、型紙の完成です。

 

2.型紙に合わせて布を切る

布をピッタリと2枚重ね合わせて、型紙の下にひきます。この時に、型紙と2枚の布がずれないように、まち針などで型紙と布をしっかりと固定します。

次に、ペンなどで型紙に沿ってなぞっていきます。後で裏返すので、布の裏側に写らないペンならなんでもOKです。

なぞり終わったら、型紙をはずして布を切りますが、縫い代が必要になるので、書いた線よりも1センチほど外側の布を切り取っていきましょう。

 

3.布をミシンなどで縫い合わせる

ペンで書いた線にそって、ミシンなどで縫い合わせていきます。やりすぎて、上部の靴下の入り口まで縫わないように注意です。

 

4.布を表に返し、アイロンで形を整えれば完成

縫い終わったら、靴下を表に返し、アイロンをかければ靴下のできあがり!後は、お好みでリボンや白いワタなどの飾り付けをすれば見栄えがよくなりますよ!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

クリスマスの靴下にまつわるお話や、作り方などを紹介してきましたが、何も本当に靴下にプレゼントを入れて渡さなくてもいいみたいです。靴下の近くにプレゼントを飾っておくだけでも雰囲気がでますので、おすすめですよ。

 

スポンサードリンク