eakon_reibou

夏になると、ほぼ必須に近いと言ってもいいぐ
らいクーラーって必要ですよね。

暑苦しい時は、日中クーラーをつけっぱなし
なんてことも当たり前ですよね。

でも、そんな時ふと思うのは、
電気代ってどうなっているんだろう?
こんなにつけっぱなしで、いいのかな?

クーラーをつけると1時間でどれぐらいの電気
がかかっているんだろうか?

など気になってきますよね。

そこで、今回はクーラーをつけたときにかかる
1時間あたりの電気代がどれぐらいなのか?
また、簡単な節電方法などを紹介していきます。

スポンサードリンク

電気代ってどうなっているの?

電気代の計算方法

電気代ってどうやって決められているか
あまりわからないですよね。

そこで、簡単に電気代の料金の計算方法を紹介
しておきます。

一般的に電気料金の計算方法は、

消費電力(キロワット)×使用時間×1時間あたりの電気代単価=電気代

となっています。

もちろん、消費電力はクーラーの機種によって
変わりますし、1時間あたりの電気代単価は電
力会社の契約などによって変わってきます。

消費電力

先ほど消費電力はクーラーの機種によって
変わると言いましたが、クーラーが何畳用か
でも変わってきます。

もちろん、機種によって違いはありますが
平均すると、クーラーの消費電料は次のようになっています。

・6畳用 :消費電力約500W
・8畳用 :消費電力約580W
・10畳用 :消費電力約1100W

上の計算式に当てはめるためにキロワットに直します。

する6畳用だと0.5キロワット、8畳用だと0.58キロワット、10畳用だと1.1キロワットになります。

ただ、クーラーを起動した時や室内の温度が
高い時、また日光の照り具合などで

消費電力は大きく変わってくるので、1時間
あたりの電気代を計算するための目安だと思って下さい。

1時間あたりの電気代単価

1時間あたりの電気代単価も契約している電力
会社のプランなどによって変わりますが、

目安の平均として27円ぐらいなので
これを使って計算していきましょう。

1時間あたりの電気代って結局いくらなの?

pose_uttaeru_woman

今まで長々と消費電力やら電気代単価やら
細かいことを見てきましたが、

結局のところいくらなんだよ!と思うところなので
先ほどの計算式に、これらの数字を当てはめて
計算してみると

・6畳用で13.5円
・8畳用で15.66円
・10畳用で29.7円

最新の省エネクーラーだともっと安くなると
思うので、だいたい1時間あたり10~30円ぐらいになります。

もちろん、部屋の大きさやクーラーの機種など
によりますが

クーラーの電気代は1時間あたり15円ぐらい
覚えておいたほうがいいですね。

この計算で行くと
1日24時間クーラーをつけっぱなしにすると
1日あたりの電気代は360円になりますね。

さすがに1日中クーラーをつけっぱなしにする
ことは少ないと思うので、そんなに高いとは思わないところですが

2、3部屋同時につけるとなると、結構な金額になってきますよね。

そこで、簡単に電気代を節約する方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

簡単な節電方法

設定温度を上げる

一番簡単かもしれないですが
クーラーの設定温度を1度上げると約1割も抑えられることができるので

28度がいいとよく言われますが、正直最近の夏
は暑くてしんどいので、せめて26、7度ぐらいにはしたいですね。

テレビを切る

これはあまり知らない人も多いと思いますが、
テレビはリビングでもっとも熱を出している
物です。

部屋の温度が下がりにくくなって、クーラーが
温度を下げようと電力を使うので、電気代が上がってしまいます。

なので、特に見たいものがないときはできるだけ消すようにしましょう。

扇風機を併用する

クーラーと扇風機を併用して使うと節電になる
って聞いたことがありますよね。

体感温度を下げる、部屋全体を効率よく涼しくするなどの効果がありますが

それは正しいやり方をしないと効果がないそうです。

クーラーを扇風機の併用について詳しく解説されている動画があったので、ぜひ参考にして下さい。

フィルター、室外機の掃除

エアコンの中のフィルターや室外機が
汚れていたり、ホコリまみれになっていると
冷え具合が悪くなってしまうので

こまめに掃除するようにしましょう!

自動運転モードオン

クーラーを自動運転モードにしておくと
部屋が冷えるまでは強風、その後は微風と

効率よく運転してくれるので
電気代の節約になってくれます。

風向きは上

冷たい空気は下に向かうので、風向きを上に
設定すれば、部屋全体を効率よく循環させることができるので

部屋全体を冷やしやすくなって、
節約効果があります。

こまめに消すよりつけっぱなし?

よく疑問に思われる方が多いと思いますが、
つけっぱなしにするのかこまめに消したほうが
いいのか、どちらがいいのかというと

長時間ならつけっぱなしの方がいいです。

というのも、クーラーや暖房などエアコンは
起動する時が1番電力を消費します。

起動時は600Wを消費していたエアコンも電源を
入れてから17分後には80Wに低下する
なんてこともあるみたいです。

さらに、つけっぱなしとこまめに消す場合では
約5~10倍まで消費電力の差があるので

つけっぱなしの方が良さげですね。

違和感があるかもしれませんが、
30分以内の外出ならスイッチは切らない
ようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

クーラーの1時間あたりの電気代や節電方法
などを見てきましたが

最近の夏は、暑くてたまらないですよね

それなのに、会社などでは節電とかいって
クーラーの温度をとにかく上げる風潮があります。

もちろん、節電の効果はありますが、かといって従業員にストレスを与えていいのか!

と思う人もいると思うので、会社のオフィスなどでも少し工夫して欲しいですね^^;

 

エアコンに関する記事はこちら

エアコンの室外機が故障?こんな時どうすればいいの?

車のエアコンが効かない原因は?修理費用ってどれくらい?

エアコンをつけても冷えない原因って何?もしかして故障?

エアコンの掃除を自分でする方法!カビやホコリをきれいに!

エアコンの掃除や故障した時の対処法まとめ

 

スポンサードリンク