268463

夏場や冬場に必須のエアコンですが、あなたはちゃんと
掃除をしていますか?

エアコンの掃除ってやること多いし、位置が高いので面倒くさい…

と放置気味になってしまいがちですが、放っておくと
エアコンの中は、カビや溜まったホコリで大変なことになってしまいます。

そこから出された空気を吸っていると思うと、ゾッとしてしまいますよね。

なので、今回はエアコンの掃除を自分で簡単にする方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

エアコン掃除しないとダメな理由

 

健康面

夏場に冷房機能のエアコンをつけている時、部屋の中の温かい空気を取り入れ、
熱交換器で冷やして部屋の中へ排出するので、熱交換器は結露してしまいます。

その結露した水が、外のホースから出て行くのです。

とはいっても、エアコンの中は湿気だらけでカビが繁殖しやすい環境なのです。

その繁殖したカビや、手入れせずに溜まったハウスダストを吸い込んでしまうと、
アレルギー性鼻炎や結膜炎、喉の痛みなどの症状が出ます。

さらにひどい場合だと、喘息やアトピー性皮膚炎など
ひどい症状になったりもします。

特に、赤ちゃんや小さな子供がいる場合は気をつけてあげて下さい。

月1~2回はエアコンのお手入れをするようにしましょう!

経済面

money_bag_yen

あまり知られていませんが、エアコンのお手入れをしないと
経済的にもよくないことが分かっています。

さきほど説明したように、エアコンは一度部屋の中の空気を
取り入れてから排出しています。

部屋の空気を取り入れるときに、空気中のホコリやゴミも
一緒に吸い込みますが、フィルターを通して部屋に排出されるので、

吸い込んだホコリやゴミが部屋の空気中に排出されることはないのです。

ただ、ホコリやゴミがどんどんフィルターに溜まっていって、それを放置していると
空気の入れ替えの循環が悪くなってしまいます。

そのぶん、たくさん空気を取り入れようと、エアコンは
頑張ってフル稼働するので、消費電力が上がってしまうのです。

冷房機能のエアコンの温度を1度上げる毎に、電気代が
10%下がるということは知ってても

エアコンのフィルターを掃除しないと、電気代が上がる
というのは盲点だったという人も多いんじゃないでしょうか?

エアコンを掃除する際の注意点

コンセントを抜いて電源を切ってから

エアコンを掃除している最中に、誤って電源が入ってしまうと、ゴミが飛び散ったり、
怪我をしたりするおそれがあるので

必ず、コンセントを抜いて電源が入ってないことを確認してから、
掃除するようにして下さい。

エアコンの周りは何も内容にするか新聞紙などを引く

特に今まで掃除をしてこなかった場合は、エアコンが高い位置にあるため、
ゴミが下に散らばってしまいます。

なので、エアコンの近くにものを置かないようにして
下に新聞紙などを引くようにしましょう!

エアコン本体に体重が掛からないようにする

エアコンは高い位置にあるので、椅子や脚立を使うと人もいると思います。
その時に、バランスを取るためにエアコンの本体に重量をかけたりしないようにしましょう。

エアコンの本体は、壁に完全に固定されているわけではなく、耐久性がないので

重量がかかると、本体が地面に落下したりバキッと一部が
壊れてしまうこともあります。

エアコンが落下したりしたら…大惨事ですよね^^;

エアコンは精密機械

エアコンの内部は、センサーや電極部など少しでも衝撃を与えたり、濡らしたり
すると故障するかもしれない精密機械でできているので

お手入れをするときは、必ず慎重にしましょう。

スポンサードリンク

エアコンの掃除の仕方

少し前置きが長くなってしまいましたが、
具体的にエアコンの掃除方法を見ていきましょう!

1.エアコン周りのホコリを取る

まず、エアコンの内部を掃除する前に、エアコンの外部
特に上の部分はホコリが溜まりやすいので、はたきなどで
ホコリを除去していきましょう。

 

2.フィルターをお手入れする

082378

エアコンの内部を掃除していきますが、フィルターを
外す前に、フィルター周辺やパネル部分に掃除機をかけて
ホコリをとっておきます。

こうすることで、フィルターを外すときに、ホコリが舞ったり、下にホコリが
落ちたりするのを防げます。

では、実際にフィルターの掃除方法を見ていきましょう!

2-1.フィルターに掃除機をかける

フィルターを取り外すと、まずは外側から掃除機をかけていきます。
それから、内側へと掃除機をかけていきましょう。

外側の方がホコリが付いているので、内側から吸い込もうとすると
目詰まりを起こしてしまうからです。

また、掃除機をかける前にフィルターを水洗いしてしまうと細かい
ホコリが固まって、取りにくくなるので必ず、先に掃除機をかけましょう。

2-2.フィルターを水洗い

水洗いをするときは、掃除機の時とは逆に、フィルターの内側から水を当てます。
これも目詰まりを防ぐためです。

家庭用中性洗剤を水で薄めたもので、汚れを落としていきましょう。

柔らかいブラシなどを使うと、フィルターを傷つけずに
汚れを落とせます。

後は、
油分が落ちやすいようにぬるま湯で洗い流して下さい。

 2-3.フィルターを乾燥させる

洗い終わったフィルターは日陰で干して下さい。
日陰で、扇風機などを当てておけばすぐに乾きます。

天日干しは一見良さそうですが、フィルターの機能をそこなう可能性があるので

日陰干しの方がいいです。

3.前面パネルのお手入れ

前面パネルが取り外せる場合は、ホコリを掃除機で吸った後に水洗いしましょう。

取り外せない場合でも、古い布などに家庭用中性洗剤をつけて拭き上げます。

このときに、くれぐれも電極部などには注意してくださいね。

4.吹き出し口のお手入れ

吹き出し口は、ここから冷たい空気や温かい空気を出すところなので、

ここが汚いと汚い空気を部屋中に撒き散らしてしまうことになるので、
きちんとキレイにしましょう。

吹き出し口は、手動で動かしても大丈夫なものが多いので
ゆっくりと開かせて、家庭用中性洗剤をつけた布で
拭き上げます。

ただ、奥のほうまでキレイにしようとして、
ファンを傷つけてしまうといけないので、無理は
しないでおきましょう。

5.外したものを取り付けて送風

途中の工程で外した、フィルターや前面パネルをとりつけます。

その後に、送風をつけて、完全に乾燥させれば
エアコンのお掃除は終了です。

少しでも、湿気が残っているとカビの原因になりますので
気をつけて下さい。

お掃除機能

268461

最近のエアコンはお掃除機能ついてるから大丈夫だよ~

と言う方でも、そのエアコンが
排出方式かダストボックス方式かは、確認してみてください。

排出方式の場合ならフィルターに溜まったホコリは外に排出されますが、

ダストボックス方式の場合は、ダストボックスに溜まったホコリを
除去しないといけないので

きちんと取扱説明書をよんでおきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は自分でできる範囲の、エアコンのお掃除方法を見てきました。

少し手間がかかって面倒くさいなーって思っても
業者の人に頼んで掃除してもらうと

なんと1~2万円くらいします。それはちょっと…
と思う方は、できるだけ自分でやってみて下さい!

それでも、専門の業者の人じゃないと汚れが取れない
部分もあるので2~3年に一度くらいは掃除してもらったほうがいいみたいですよ。

 

エアコンに関する記事はこちら

エアコンの室外機が故障?こんな時どうすればいいの?

車のエアコンが効かない原因は?修理費用ってどれくらい?

エアコンをつけても冷えない原因って何?もしかして故障?

クーラーの電気代って1時間あたりいくらなの?

エアコンの掃除や故障した時の対処法まとめ

 

スポンサードリンク