7d24ed03a8318d2046f9e826e86e48ec_s

 

ハロウィンといえば、かぼちゃですよね。ですが、ハロウィン用のかぼちゃってなんだか作るのが難しそう、作り方が分からない…という方も多いのではないでしょうか?

 

ですが、ハロウィン用のかぼちゃの作り方って意外と簡単なんです。そこで今回は、ハロウィン用のかぼちゃの作り方などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

かぼちゃを作る前の準備

最低限そろえておきたい道具

まずハロウィン用のかぼちゃを作る前に必要なものをそろえましょう。とはいっても、最低限必要な道具は以下の3つぐらいで大丈夫です。

・ナイフ
・マジックペン
・スプーン

 

この他に床や手が汚れないように、軍手などの作業用の手袋、新聞紙やゴミ袋などを用意しておくと完璧ですね^^また、口や目など細かくこだわりたいという方は、型紙、彫刻刀などを用意するといいですよ。

 

大きいかぼちゃってどこで売ってるの?

作り方や道具をそろえるのは簡単でも、そもそもハロウィン用の大きいサイズのかぼちゃってスーパーなどではなかなか売っていないですよね…。

 

でも大丈夫です。9~10月ぐらいになるとホームセンターなどで巨大なかぼちゃが売られるようになります。ちなみに、用意するのは食用ではなく甘みや味がない観賞用のかぼちゃですので、花屋やデパート、雑貨屋やネットでも手軽に買うことができます。

 

ただ、注意点としてあまり形がいびつすぎるものや、凸凹が多すぎるもの、かぼちゃを置いたときに不安定でぐらぐらするようなかぼちゃは選ばない方がよさそうです。

 

あれぐらい大きなかぼちゃなので、食用だとちょっともったいないな…という気にもなってしまうのですが、観賞用のかぼちゃなら安心してハロウィン用に作れますね。

 

スポンサードリンク

ハロウィン用のかぼちゃの作り方

7419218393b9e2a2562cddb43accda31_s

 

いよいよ本題のハロウィン用のかぼちゃの作り方を紹介していきますね。

 

1.かぼちゃに下書きをする

先程用意してもらったマジックペンで、かぼちゃの表面に好きな表情の顔を書いていきましょう。あんまり複雑な表情にしてしまうと、後で切り抜く時に大変になってしまうので、シンプルな顔がおすすめです。

 

2.かぼちゃのお尻を丸くカットする

中の種を取り出すので、手が入る大きさぐらいの円を目安にナイフでカットして下さい。カットするときに思ったより力がいりますので、刃物の扱いには注意してくださいね。特に小さいお子さまにはやらせないようにしましょう。

 

また、カットしたかぼちゃのお尻の部分も後で使うので、捨てないで取っておきましょう。

 

3.中身を取り出す

切り取ったお尻の部分から手を入れて、スプーンなどで中の繊維や種を取り出していきます。かぼちゃには水分が含まれているので、下に新聞紙を敷いてビニール手袋をつけて中身を取り出していくと、手や周りが汚れずに作業できますよ。

 

観賞用のかぼちゃといっても生ものなので、少しでも中身が残っていると後々腐ってきて臭ってきたりします。なので、できるだけ丁寧に中身を取り出していきましょう。

 

4.かぼちゃに切り込みを入れる

次は下書きしたかぼちゃの顔に切り込みを入れていきます。この時に、下書きで書いた線の外側から切り込みを入れていきましょう。そうすると、下書きのマジックのあとが残らずにキレイになります。

 

かぼちゃの中身がなくなって、少しもろくなっているので、体重をかけてかぼちゃを割ってしまわないように気をつけてくださいね。

 

5.かぼちゃの顔をくり抜く

輪郭に切り込みを入れたら、指でぐーっと押していき、パーツをくり抜いてきます。押してもなかなかとれない場合は、無理せずにもう一度切り込みを入れてから試して下さい。

 

6.かぼちゃを乾燥させる

切り抜いた後、かぼちゃを風通しがよく、直射日光の当たらないところで乾燥させて保存すると長持ちします。ある程度乾燥させてから次の工程に進んでくださいね。

 

7.火を灯す

少し前の工程で切り抜いたかぼちゃのお尻の部分にろうそくやランタンを置く土台を作ります。この土台がぐらついたりしていると、ろうそくやランタンが倒れて火が燃え移ったりするので、しっかりと土台は固定しておきましょう。

 

後は慎重に火を灯し、上からかぼちゃの顔をゆっくりと被せれば完成です!

 

 

かぼちゃの保存方法や期間

作り方の途中で少し紹介しましたが、観賞用といえどかぼちゃは生ものです。保存には気をつけないとすぐに腐ってしまいます。せっかく作ったハロウィンかぼちゃが臭かったり、虫がたかっていたりすると嫌ですよね。

 

最もよい保存方法は、冷蔵庫で保存することです。

 

ですが、ハロウィン用のかぼちゃは大きいので、冷蔵庫になんか入らないですよね…。なので、繰り返しになりますが、直射日光が当たらずに、風通しの良い場所で保存して下さい。

 

ただ、いくら保存方法が良くても生ものを常温で保存するわけなので、2、3日程度しかもちません。なので、ハロウィン用のかぼちゃは直前に作ったほうが良さそうですね。

 

まとめ

ハロウィン用のかぼちゃの作り方自体はそんなに難しくありませんが、どうしても刃物や火を使うことになりますので、小さいお子さんと一緒に作業する際は注意が必要ですね。

 

刃物や火を使わずにかぼちゃにマジックやクレヨンで顔を書くだけでも、ハロウィンの雰囲気は出ますので、安全に気をつけたい方はこちらのほうがいいかもしれませんね。

 

ハロウィンに関する記事はこちら

ハロウィンのイベントに関するまとめ

ハロウィンの魔女メイクのやり方!かわいくセクシーに

ハロウィンのかぼちゃの由来は?ジャック・オ・ランタンって何?

ハロウィンパーティーで盛り上がれるゲーム12選!子供から大人まで

 

スポンサードリンク