3177fb4c5be28120610c549b9798e217_s

 

10月といえばハロウィン!というぐらい、日本でもハロウィンが定着してきましたね。でも、なんでハロウィンといえばかぼちゃなの?かぼちゃの由来は?と疑問に思う人も多いと思います。

 

そこで今回は、ハロウィンでなぜかぼちゃが使われるようになったのか、由来などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ハロウィンの由来って何?

ハロウィンと聞くと、かぼちゃのランタンをイメージする人が多いんじゃないでしょうか?かぼちゃに目と鼻、口をさもホラーのようにくり抜いて顔が作られているのをよく目にすると思います。

 

そもそもハロウィンの由来が何か調べてみた所、ヨーロッパのケルト人の収穫祭が由来になっているそうなんです。かぼちゃなので、なんとなく野菜が由来になっている気はしていましたが、秋の豊作が由来になっているんですね。

 

また、ハロウィンは10月31日になっていますが、ケルト人の習慣として、11月1日が新年の始まりで10月31日はその前夜になっています。ハロウィンの日は、ケルト人にとって大晦日というわけですね。

 

ケルト人の文化として、10月31日は現世と霊界の門が開き、ご先祖様の霊と共に悪霊も現世にやってくると信じられていました。なので、悪霊をはらうために焚き火をたいたり、仮面をつけたりという儀式が行われていました。

 

ちょっとハロウィンぽくなってきましたね。魔除けも由来になっていたんですね。魔除けが由来になっているのに、魔女のコスプレをするのはちょっと…という気もしてきました^^;

 

この儀式とジャック・オ・ランタンの伝説が混ざったものが現代のハロウィンになったと言われています。ジャック・オ・ランタンの伝説は後で紹介しますね。

 

ハロウィンでかぼちゃが使われる由来って何?

6fd586bdc82cbbfb9fd49ee640605619_s

 

ハロウィンの由来を紹介してきましたが、ハロウィンでかぼちゃが使われる由来や理由って何かご存知ですか?

 

先程、ハロウィンはケルト人の収穫祭が由来していると紹介しました。なので、かぼちゃが収穫されていたのが由来になっているのかな?と思いましたが、実は違うのです。

 

もともとケルト人は、カブやサトウダイコンを使って魔除けとして飾っていました。

 

その際に、カブやダイコンをくり抜いてその中に火を灯していたのです。スコットランドなどでは今でも、カブやダイコンをくり抜いてハロウィンをしているみたいですが、かぼちゃよりも顔に迫力があって恐ろしいみたいですよ^^;

 

ちなみに怖い顔にくり抜くのは、悪霊を追い払うためなんだそうです。かぼちゃ自体がおばけだと思っていたので意外だと思ったのは私だけでしょうか?

 

ですが、ヨーロッパからアメリカに人が移住した際に、カブは使われなくなっていきました。アメリカではかぼちゃの方がたくさん採れたのと、ランタンに加工しやすかったことから「かぼちゃでよくね?」となったそうです。

 

ハロウィンでかぼちゃを使う由来にそこまで深い意味などはなかったみたいですね。かぼちゃがたくさんあって便利だったからというのが由来のようです^^;

 

スポンサードリンク

ジャック・オ・ランタンの伝説って何?

c689cd0b97e281d3de81300a0f35ea9a_s

 

ジャック・オ・ランタンの伝説ってご存じですか?何だよそれ!と思う方も多いかもしれませんが、先程も紹介したように、現代のハロウィンの由来となったお話です。ハロウィンの由来と関係あるので紹介しておきますね。

 

アイルランドの古いお話です。昔々、飲んだくれのジャックという鍛冶屋さんがいました。彼はケチで乱暴者でしたが、頭がよくうそをつくのが得意だったので、よく人をだましていました。

ハロウィンの夜に、彼はいつものように酒場でお酒を飲んでいると、悪魔に出会ってしまいました。ハロウィンの日は、この世とあの世の境がなくなってしまうので、悪魔はこの日を狙って人間の魂を奪おうとやって来ます。

悪魔はジャックの魂を奪おうとしました。しかし、ジャックも魂は取られたくありません。彼は「魂はくれてやる。でもその前に酒を一杯飲ませてくれ!」と言いました。

悪魔は一杯くらいいいかとお酒を買うお金に変身しました。ジャックはすかさずに悪魔を自分の財布に閉じ込めて出られないようにしたのです。

「出してくれ!」と叫ぶ悪魔に対してジャックは「出して欲しければ、取引しろ!」と言いました。悪魔は仕方なく、ジャックに10年間は魂を取らないと約束させられて財布から出してもらいました。

 

ここまでの話を見ていると、悪魔という割に意外と優しいですよね^^;むしろ、悪魔をだまして自分の思い通りにしようとしたジャックの方が悪魔っぽいかもしれません。

 

 

しかし、悪魔もこのままでは終わりませんでした。10年後のハロウィンの夜に、また悪魔はジャックの前に現れたのです。悪魔は「今度こそお前の魂をもらうぞ。」と言いました。今回のジャックも黙って魂を取られるわけにはいきません。

ジャックは「分かった。今度こそ魂をやろう。ただ、その前にあの木になっているリンゴを一つ取ってくれないか?」とお願いしました。悪魔はリンゴ一つぐらいいいかと思い木に登りました。するとジャックはすかさずに、木の幹に十字架を刻み込みました。

悪魔は十字架が苦手だったので、木の下に降りることができなくなりました。「何でもするから降ろしてくれ!」と懇願する悪魔に、ジャックは「降りしてほしければ、取引しろ!」といい、今度は悪魔にジャックの魂を二度と取らないように約束させ木から降ろしました。

 

 

見てわかったかと思いますが、この悪魔かなりちょろいです(笑)。ジャックのワンパターンの嘘に2回もひっかかってしまっています。10年経って忘れてしまったのでしょうか?

 

数年後ジャックは年老いて亡くなってしまいました。ジャックは生前、ケチで乱暴者で人をだましてばかりいたので天国に行くことはできませんでした。そこでジャックは地獄に行くことになったのですが、門の前にはあの悪魔がいました。

ジャックは悪魔に「地獄に入れてくれ。」と頼みますが、悪魔は「あの約束があるから、お前の魂は取れない。」と言いました。ジャックは「じゃあ一体どこへ行けばいいんだ?」と聞くと、悪魔は「元いたところに戻れ。」と言いました。

ジャックは仕方なく、来た道を引き返していきました。しかし、道は真っ暗で険しかったので、ジャックは悪魔に「道が暗くて見えないから明かりをくれ。」と頼みました。悪魔は地獄にあった火の塊をジャックに渡しました。

ジャックは、その火の塊をカブの中に入れてランタンを作りました。そして、ジャックはこの世とあの世の境を永遠にさまようことになったのです。

 

 

もうおわかりかと思いますが、このジャックが持っていたランタンが、現在のかぼちゃのランタンの由来になっています。ジャック・オ・ランタンの日本語訳は”吊り下げ式のランプを持っている男”という意味なのです。

 

まとめ

ハロウィンのかぼちゃの由来がカブやダイコンだったと知らなかった人は多いんじゃないでしょうか?今ではアメリカ風のかぼちゃランタンがほとんどなので、かぼちゃの由来を知らない人に話して、自慢できるかもしれませんね

 

ハロウィンに関する記事はこちら

ハロウィンのイベントに関するまとめ

ハロウィンの発祥の国はアメリカじゃない?あの国が発祥ってホント?

ハロウィン用のかぼちゃの作り方!意外と簡単に作れます

2016年のハロウィンっていつ?いつから準備したらいいの?

 

スポンサードリンク