46c4546c57296d468386fe299fd469e4_s

 

秋といえばハロウィンですよね。ハロウィンといえば、「トリック・オア・トリート」という言葉を思い浮かべる方も多いんじゃないでしょうか?でも、トリック・オア・トリートがどういう意味か、知らない方も多いと思います。

 

今回は、どうしてハロウィンで使われる言葉としてトリック・オア・トリートと言われるようになったのか?その意味や由来などを詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

トリック・オア・トリートの言葉の意味って何?

トリック・オア・トリートはもともと英語でスペルは「Trick or Treat」と書きます。「Trick or Treat」が日本語ではどういう意味になっているか見ていきますね。

 

・Trick(トリック)

…日本語でもマジックなどで使われるトリックとあるように「だます」という意味もありますが、「いたずらする」という意味もあります。Trick or Treatでは「いたずらする」という意味で使われています。

 

・Treat(トリート)
…こちらは、「もてなす」という意味や「ごちそうをする」という意味があります。ハロウィンで使われる際にはお菓子をごちそうするという意味になりますね。

 

「or」はどちらか一方という意味ですので、Trick or Treatは”いたずらされるかお菓子をごちそうするかどっちかにしろ”という意味になります。子供にしては少し横暴ですね^^;

 

Trick or Treatというフレーズは元々、”Treat me or I will trick you.”の省略でその意味は、「私にお菓子を渡しなさい。さもないと、いたずらするぞ。」になります。元々の意味はさらに脅迫じみた言葉になっていますね^^;

 

日本で、知らない子供が勝手に家に押しかけてきて、「お菓子をよこせ!さもないと、いたずらして帰るぞ!」なんて言ってきたら、一体何様なんだこの子供は!?ってなりますよね(笑)。

 

ハロウィンが日本でも流行ってきたとはいえ、この風習だけは流行ることはないでしょうね…。

 

スポンサードリンク

トリック・オア・トリートの由来は何?

9e9daa6b818017e01834006bdd365234_s

 

ハロウィンの由来は、古代ケルト人の儀式が由来していますが、ケルト人の古い風習の中に「ソウリング(souling)」というものがあり、トリック・オア・トリートに関係しています。

 

キリスト教では、11月2日を「死者の日」と呼ばれる日があり、この日にキリスト教信者が村から村へと各家庭に「ソウルケーキ(soul cake)」というケーキを求めながら歩きまわっていました。

 

そして、この特別なケーキと引き換えに、その家で亡くなった方の霊魂を天国へ行く手助けとなるお祈りをすると約束して回りました。この際に、ケーキを出さないと祈りを捧げることはできず、死者の魂がさまよってしまうとされていました。

 

このソウリングという行為が由来になっていますが、キリスト教信者に加えてケーキ好きな人も村々を回っていたと想像するのは私だけでしょうか?(笑)

 

もう分かりましたよね。時代が変わり、宗教よりもエンターテイメントが強くなって「ケーキを出さないと死者の魂がさまよう」⇒「お菓子を出さないといたずらする」という意味合いに変わっていったのです。

 

トリック・オア・トリートにはどう返事したらいいの?

日本では、ハロウィンの日に突然見知らぬ子供が家に押しかけて、「トリック・オア・トリート」と言われることはまずないでしょうが、海外にホームステイや留学していたり、日本でも国際的な学校に通っていたりすると、「トリック・オア・トリート」と言われることはあると思います。

 

そこで、突然のハロウィンの日の来訪にどう答えたらいいかというと、

 

Happy Halloween.(ハッピーハロウィン)

Here you are.(ヒアユーアー)

Treat.(トリート)

 

と答えてお菓子を渡すのが定番のようです。子供達の分までたくさんお菓子を用意して、ぜひハロウィンの雰囲気を楽しんでくださいね。

 

ただ注意点としては、海外では手作りのお菓子よりも個別包装されたお菓子の方が好まれます。というのも、かつて手作りのお菓子に毒物を入れられたということもあり、個別包装された物の方が安全だとされているからです。

 

また、地域によって、「市販品でも個別包装されていない生菓子やお菓子は受け取ってはいけない」と厳しく指導されていることもありますので、渡すお菓子には注意が必要ですね。

 

トリック・オア・トリートを断ったら…

6bce5823d3f492611f5e675df4d7d1ea_s

 

先程、トリック・オア・トリートの意味は、「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ」という風に紹介しましたが、このトリック・オア・トリートを断るとどうなるのかご存知ですか?

 

欧米では、ハロウィンは毎年行われていますが、皆が皆お菓子を用意しているとは限りませんよね。そこで、子供達へのトリートを断ればどうなるのかというと…

 

なんと玄関に生卵をぶち込まれるそうです。(これが一番多い)

 

その他にも、水鉄砲を乱射されたり、スプレーをまき散らされたり、カボチャのランタンなどを破壊されたりと悲惨なことになるようです…。日本でこれをすると、保護者にクレームが入ったり警察沙汰になったりします(笑)が、海外だとこれが普通のようですね^^;

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハロウィンといえば、なんとなく「トリック・オア・トリート」という言葉を耳にしますが、しっかり意味を理解して、仲のいいママ友などの間だけで子供を家に行き来させるのはいいかもしれませんね。

 

ハロウィンに関する記事はこちら

ハロウィンのイベントに関するまとめ

2016年のハロウィンっていつ?いつから準備したらいいの?

ハロウィンのかぼちゃの由来は?ジャック・オ・ランタンって何?

アメリカのハロウィンは規模が違う!本場はこんなに違うんです

 

スポンサードリンク