fujisan

日本人なら誰でも知っている富士山ですが、山開きや登山できる開山期間について知らないという方も多いと思います。2016年の富士山の山開きはいつから?そもそも山開きって何?山開きの前に登ってはいけないの?

 

疑問に思ったことを上げるときりがないですが、せっかく富士山が世界文化遺産に登録されたので一度は登ってみたいという方は多いと思います。

 

そこで、2016年の富士山の山開きについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

 

2016年の富士山の山開きと開山期間

山開きって何?

古来から有名な山は、神様の住処である神聖な山として信仰の対象になっており、登山は禁じられていました。しかし、夏の一定期間のみ信仰行事としてその禁を解いて、山に入ることが許されたというのが「山開き」の語源です。

 

現代では、「一般登山者向けに、その年に初めて登山が解禁される日」という意味合いで使われています。

 

開山期間以外でも富士山に登ることは可能ですが、山頂付近は厳しい冬期の気温と変わらなかったり、氷点下を下回るということもごく普通にありますので、かなりの危険が伴います。

 

開山期間外は、たとえ町中の気温が暑くても、富士山は「冬期間」とされ、登山届を提出したうえで、しっかりとした冬装備を整えたうえで登頂しなければなりません。場合によっては、「登山計画書」というものの提出を求められる場合があります。

 

それに加え、開山期間外は、山小屋やトイレも使えないということですので、よほどの上級者ということでもない限り「冬期間」に富士山に登頂することは難しいようです。

 

語源の意味とは違っても、開山期間外の富士山はとても危険ということですね。日本最高峰だけあって、そう簡単には登らせてくれないということでしょうか。

 

a0024_000148_m

 

2016年の山開きはいつ?

気になる2016年の山開きのスケジュールは以下のようになっています。

 

山梨側(吉田口):2016年7月1日(金)~9月10日(土)
静岡側(富士宮口、須走口、御殿場口):2016年7月10日(日)~9月10日(土)

 

予定ですので、残雪状況や気象状況によって期間が変わることもありますが、オフィシャルサイトではこのスケジュールが公表されています。

 

スポンサードリンク

 

おすすめの時期やルートは?

2016年の山開きは7月1日からですが、この時期はまだ梅雨が開けていませんよね。雨が降っていたり、足場が濡れていて不安定だったり危険です。

 

なので、おすすめの時期は梅雨が開けた7月下旬から8月いっぱいまで(お盆を除く)です。

 

また、富士山登頂のルートですが、初心者には吉田口からのルートがおすすめです。

 

このルートは唯一の山梨県側からのアプローチになりますが、このルートはたくさんの山小屋が登山道にあって売店、救護施設もあるので、初心者には比較的登りやすいルートになります。ただ、観光客が多いのも特徴で混雑が予想されます。

 

このルートでは、登山時は約6時間、下山時には約3時間半かかります。

 

登山にかかる費用は?

a0006_002418_m

富士山に入山する際に、入山料として1,000円が必要になります。ただ、この入山料は強制ではなく任意で、トイレなどの施設の為に利用されるそうです。寄付?みたいなものですので、支払っておいたほうがよさそうですね。

 

この入山料の他にかかる費用としては、

 

・富士山までの交通費
・宿泊費
・登山服・装備品

 

が主な費用になります。

 

交通費や登山服・装備品は人によって変わってきますが、富士山にある山小屋では宿泊することができて、1泊2食付きで8,000~9,000円程度で利用することができます。

 

登山して、下山するまでかなり時間がかかりますし、宿泊せずに一気に登り切るのは体にも大きな負担がかかるので、初心者は1泊2日で行く場合が多いみたいですね。

 

富士山は観光地と思っている方が多いと思いますが、日本最高峰の山ということを忘れてはいけませんね。

 

花火大会も

a0070_000231_m

そんな富士山ですが、山開きを祝って毎年『富士山・河口湖山開きまつり花火大会』が開かれます。毎年7月の第1土曜日に開催されるているようで、2016年は7月2日(土)に開催されます。

 

私は見たことがないのですが、富士山をバックに打ち上げられる花火は、とても綺麗でしょうし夏の思い出に残ること間違いないでしょうね。

 

入場料も特に必要ないみたいですので、富士山に登る予定はないよ~という方でも夏の風物詩として見に行ってみてはどうでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

世界文化遺産に登録されてから、今や国内外からの観光客であふれる山となった富士山ですが、やはり気軽に登れる山というわけではありません。

 

初心者だと高山病になるリスクもありますし、頂上付近では寒さでかなり厳しい気候になります。それに加え、山の天候は変わりやすいので、突然の雷雨に見舞われる可能性もあります。

 

体力に自身がある方でも、初めて富士山に登るという場合は、しっかりとした計画を立て、万全の服装・装備を準備して登頂に望むのが良さそうですね。

 

富士山の4つのルートの詳細はこちら⇒富士山の4つのルートの特徴は?

 

スポンサードリンク