96d732da52738912afdf0400f8dee7da_s

 

突然ですが、稲刈りの時期っていつかご存じですか?一年を通して毎日のようにお米を食べる人も多いと思いますが、稲刈りの時期が具体的にいつか知っている人は少ないんじゃないかと思います。

 

また、稲刈りの時期やタイミングによってお米の味は変わってくるそうなんです。もちろん品種によっても稲刈りの時期やタイミングは変わってくると思いますが、できるなら、旬のタイミングで稲刈りされたお米を食べたいですよね。

 

そこで今回は、稲刈りの時期などについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

稲刈りの時期

6a2f517ef8ea5d5c984cd17ea2dbddb7_s

 

稲刈りの時期は、9月が最盛期になっています。ただ、稲刈りの時期は、地域や気候、作っている品種によって変わってくるので、一概に9月とは言いづらいです。寒い地域と温暖な地域、山か平地かで変わってくるのは当然ですよね。

 

なので、稲刈りの時期として、早いところでは7~8月、遅いと10~11月くらいにもなったりするんです。稲刈りの時期って結構ばらつきがあるみたいですね。

 

ちなみに、日本の米の生産量トップの品種はコシヒカリなんです。日本の生産量の約36%がコシヒカリということです。さらに、生産量が2位、3位の品種も親がコシヒカリのコシヒカリ系の品種なので、コシヒカリ系の品種は日本の50%を超えるとか。

 

だいたいのコシヒカリの稲刈りの時期が9月なので、稲刈り=9月前後というのがなんとなく世間一般に広まったのかもしれませんね。

 

私自身、コシヒカリが有名だとは知っていましたが、日本の半分近くがコシヒカリ系の品種だとは思っても見ませんでした。

 

稲刈りの時期については、JAのしおりで「籾(もみ)の80~90%が黄変したら刈り取る」という基準があるようですが、素人の私にはちんぷんかんぷんです^^;

 

スポンサードリンク

稲刈りの時期が違うのはなぜ?

稲刈りの時期が違ってくるのは、地域や気候、品種が影響すると紹介しましたが、稲の品種には

 

生育が早い稲の早稲(わせ)

生育の遅い稲の晩稲(おくて)

その中間の稲の中稲(なかて)

 

というものがあるそうなんです。なので、同じ地域でも稲刈りの時期が変わってくるということもあるみたいなんです。

 

また、品種によらずあえて早い時期に田植えをして、早い時期に稲刈りをしたり、逆にあえて遅い時期に稲刈りをしたりするといったパターンもあるみたいなんです。

 

なぜ意図的に稲刈りの時期をずらすのかというと、稲刈りを早めると、早い段階で新米を収穫できるので、競争相手が少ない時期に新米を売りだして、利益を上げることができます。

 

逆に、あえて稲刈りを遅らせるという場合もあります。というのも、稲刈りの時期が早いものばかりだと、台風や冷害などの影響で全てのお米が台無しになってしまうこともあります。なので、リスク分散のために稲刈りの時期をずらすのです。

 

毎年確実にお米を収穫できるわけではないので、農家の方々が大変苦労されていることが感じ取れます。こういった知恵は、利益を出したり、生活していくために生み出されたものなんだなと思います。

 

稲刈りのタイミングで味が変わる?

fca897c8c256ec4786447598a8a9594b_s

 

稲刈りのタイミングでお米の味が変わるってご存知でしたか?あまり感じたことがないと思うかもしれませんが、稲刈りの時期によって味が変わるというのです。

 

なぜかというと、

 

早い時期に稲刈りをすると、未成熟なお米の青米が増えます。未成熟すぎる米はくず米として選別されるので、収穫量は少し減ってしまうのですが、その分残った米は味や品質が良くなるそうなんです。

 

早い時期に収穫された米は、どちらかというと味が薄いのかなと思っていましたが、意外でした。

 

逆に、遅い時期に稲刈りをすると、成熟した米の割合が増えて、米が肥大します。また、くず米の割合も少なくなるので、収穫量も増えます。

 

一見すると、いいことづくしのように思えますが、成熟しすぎた米は胴割れといって、米の内部に亀裂が生じて、米の味や品質が低下するというのです。

 

稲刈りをする時期やタイミングによって味や品質が変わるなんて全然知りませんでした。ただ、私も生まれてからいろんなお米を食べてきましたが、全然気づかないぐらいなので、お米の品質と言われてもよくわかりません^^;

 

品質を重視してお米の収穫量を落とすか、品質を多少落としてでも収穫量を重視するのかは、農家の方の考え方や販売戦略によって変わってくるのでしょうね。

 

ただ、稲刈りの時期としては、適切なタイミングというのが決められているようで、県や市町村、農協では「適期刈り」というのを推奨しているそうなんです。

 

農家の方にお米作りを任せてはいますが、さすがに最低限の品質などを保証しなければならないということかもしれません。私は素人なので分かりませんが^^;

 

いずれにせよ、私達が毎日美味しいお米を食べれているのは、農家の方々のおかげなので、そのことに感謝しながら、毎日お米を堪能したいです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

稲刈りの時期などを紹介してきましたが、稲刈りってけっこう大変なんですよね。私も小学生の時に学校で体験させてもらったことがあるんですが、ものすごく大きなカマで稲を刈るのは少し怖かったですし、量も多くて腰が痛くなってのを覚えています。

 

私達が毎日当たり前のように美味しいお米を食べることができているのも、そういった農家の方々の努力があってこそなので、本当に農家の方々には感謝ですね^^

お米に関する記事はこちら

新米の炊き方!ひと手間加えていつもより美味しいご飯に!

新米の時期っていつ?古米との違いは一体何なの?

 

スポンサードリンク