otsukimi_family

9月といえばお月見ですよね。十五夜お月様といえば、ほとんどの人が聞いたことがあると思います。でも、十五夜の意味って何かご存じですか?団子やすすきをお供え物にしますが、なぜ供えるようになったか知らない人も多いと思います。

 

なぜ十五夜といえば団子やすすきなのか、そもそも十五夜の意味って一体何なのか?ということを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

十五夜の意味は?

そもそも、なぜお月見をする日を十五夜という意味をご存じですか?気づいている人もいるかもしれませんが、9月15日にお月見をするから”十五夜”という意味ではありません。

 

十五夜の日は満月で綺麗な月が見えますが、毎年9月15日に月が満月になるというわけではないんですね。実際に、2014年の十五夜は9月8日、2015年の十五夜は9月27日でした。じゃあなぜ十五夜というのかというと、旧暦の8月15日に綺麗な満月=中秋の名月が見られたからです。

 

旧暦でも、毎年8月15日に満月になるとは限らないんじゃないの?と思われる方もいると思いますが、現在の新暦は太陽の動きを基準にしていますが、旧暦は月の満ち欠けを基準にしています。なので、旧暦の方が月の動きや満ち欠けに関しては正確なのです。

 

旧暦と新暦では、暦にずれがあります。昔の日本の風習と現在の日本の風習で季節感に少しずれがあるのもこのためです。

 

なので、しっかりと十五夜はいつなのか調べて満月が綺麗な日にお月見をしたいですね。

2016年のお月見はいつ?

 

十五夜は満月とは限らない?

十五夜は綺麗な満月が見える日と紹介してきましたが、実は満月になるとは限らないんです。

 

実は、月と地球の公転軌道の関係で新月(三日月)から満月までになる日数は約15日かかると言われていますが、14日~16日と微妙に日数に誤差があって旧暦の8月15日に完全な満月になるとは限らないんです。

 

でも、ほとんど満月に近い状態のことが多いですし、気になる人はそんなにいないと思います。とにかく綺麗なお月様を見ながら団子や晩酌を楽しみたい!という方にはそんなに気にならないかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

団子を供えるのはなぜ?

tsukimi_jugoya

十五夜お月様といえば、必ずお団子のことが頭に浮かびますよね。そのお団子にはどんな意味があるのかご存知ですか?

 

そもそも日本では、十五夜というのは、秋ということもあり作物の収穫に感謝して、お月様に収穫物をお供えするというものでした。昔の日本では、収穫された里芋などをお供えしていましたが、後に米粉で作られたお団子も供えられるようになったのです。

 

ちなみに十五夜のお団子が白くて丸いのは、白くて丸い満月のお月様をイメージして作られたからなんだそうですよ。

 

この月見団子なんですが、ピラミッド状に台の上に積まれた姿を想像する人も多いともいますが、お団子の個数に関しては、いろいろ説があるみたいです。十五夜は15、十三夜は13個といった説がよく知られていますが、地域によって違いもありますので、あまり気にしなくてもいいかもしれません。

 

すすきを供えるのはなぜ?

 

お団子と一緒にすすきも供えられることが多いですが、すすきを供える意味ってよく分かりませんよね。月見団子は、お月様をイメージしてというのは分かりますが、なんですすき?という感じだと思います。ですが、ちゃんとすすきを供える意味があったのです。

 

本来であれば、秋の収穫物である稲穂をお供え物としてお月様に捧げる予定だったのですが、昔の日本では、十五夜の時期はまだ稲穂の収穫が間に合わず、代わりが必要だったのです。そこで、稲穂によく似ているすすきを代わりにお供え物としたそうなんです。

 

要するに代用だったわけですね^^;

 

ですが、すすきは切り口が鋭いので、魔除けとしての意味もあったので、お月様にお供えするにはちょうどよかったわけです。

 

せっかくのお月見なので、はめをはずしてお団子を食べながらお酒をたくさん飲んでしまいたい…と魔が差してしまう人にはすすきが効果あるかもしれませんね(笑)。

 

ヨーロッパの月見

fantasy_wolfman

お月見の風習は中国から日本に伝来したものですが、実はヨーロッパにもお月見の風習があったようです。秋分の日に一番近い満月を「収穫月」、その次の満月を「狩猟月」として収穫や狩猟を祝うお祭りがあったそうです。

 

ですが西洋での”月”は、日本とは違い不吉な意味合いが強いです。ヨーロッパでの月は、人々の体調や精神を狂わす「狂気」の象徴として扱われていました。それの証拠に、英語で狂ったを意味する「lunatic」や狂気を意味する「lunacy」も月を意味する英語の「luna」からきています。

 

それらのイメージが元になって、満月を見ると狼に返信する「狼男」や日光を浴びると灰になる「ドラキュラ」などのキャラクターが登場したと言われています。

 

日本では満月のお月様は、中秋の名月として美しいものと思われていますが、少し離れたヨーロッパではそんなに恐れられていたなんて思っても見ませんでした(汗)。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

なんとなくでしか十五夜の意味を理解していなかったという人も多かったと思います。十五夜お月様が見られる時期には、子供に意味合いを教えながら一緒にお月様を見るといいかもしれませんね。

 

十五夜に関する記事はこちら

2016年のお月見はいつ?

十五夜の意味って何?お団子やすすきはなぜ?

お月見団子の簡単な作り方!

 

スポンサードリンク