c47c2ebe829ac6453a8cbb6cad0e2bf8_s

 

秋といえば、栗が旬の季節ですよね。栗をスーパーなどで買ってきたり、知人から贈られてきたりもするかもしれません。栗の保存方法ってくわしくご存じですか?冷蔵庫に入れるのか冷凍庫に入れるのか?ちゃんとした保存方法を知らない方も多いと思います。

 

せっかくの旬の季節の栗なので、保存方法を間違って台無しにはしたくないですよね。そこで今回は、栗の保存方法について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

保存前の下処理の方法

90548e6b5a8e3e0f76907ae0a94ba152_s

 

栗に下処理なんて必要?と思われる方も多いかもしれませんが、ちゃんと下処理をしておかないと、虫が湧いてしまうのです。

 

栗をそのまま放置しておくと、早ければ2、3日で栗の表面が白くなっていき虫が出てくるのです。そうなってしまうと、食べたくないですよね…。なので、必ず保存前にはこの下処理をしておきましょう。

 

ですが、下処理の方法はいたって簡単です。半日以上栗を水につけておくだけです。こうしておくと、虫が湧くのを防げますし、後で皮を剥くときにも少し楽になります。

 

それに、長くて1週間ぐらいまでの間は水につけたまま保存しておくこともできますので、必ずこの下処理はしておきましょうね。

 

常温での保存方法

先ほども説明しましたが、栗を常温でそのまま放置しておくと、虫が湧いてしまいます。なので、水につけたまま保存するようにしましょうね。

 

1、2日なら、皮付きの状態で新聞紙をくるんで日の当たらない涼しいところで保存しても大丈夫ですが、できるだけ早く食べるか冷蔵庫や冷凍庫で保存するようにした方がよさそうです。

 

栗って殻が付いているので、なんとなく虫食いが少ないと思ってしまいますが、意外と日持ちしないので注意した方が良さそうです^^;

 

スポンサードリンク

ゆで栗の保存方法

栗をゆでて調理したけど、食べきれなくなってしまった…という場合、ゆで栗は常温保存できませんので、冷蔵庫や冷凍庫で保存して下さい。

 

冷凍庫で保存する場合は問題無いですが、冷蔵庫で保存する場合、ゆで栗は風味が落ちていくスピードがとても早く傷んでしまいやすいので、遅くても3~5日以内に食べたほうが良さそうです。

 

甘さを引き出す保存方法

栗の甘さをもっと引き出す方法を知っていますか?旬の時期に採れた栗や、採れたての栗が一番甘くておいしいと思ってしまいますが、実はそうじゃないんです。

 

栗は収穫された後、低温(0度ぐらい)で保存すると、少しずつ栗の糖度が増していき、約4~6週間ほど経った頃には糖度がなんと3倍にもなるというのです。

 

3倍も甘くなると、もはや別の食べ物なんじゃないか?と思ってしまいますが、それぐらい変化するというのです。

 

ただ、あんまりずっと保存していると、今度は逆に糖度が下がっていくというので保存のしすぎは注意です。糖度が最も高い状態で冷凍保存すると、その状態をキープできるそうなので、0度で保存⇒冷凍という保存方法をとれば、最もおいしい状態で食べれそうです。

 

また、常温での保存であったり、一度ゆでた栗の糖度は変化しないので、必ず生の栗で冷やすようにしてくださいね。

 

冷蔵庫での保存方法

e1ae66719d69b3141657993dc7d1a659_s

 

実際に冷蔵庫での保存方法を紹介していきますが、まずは、下処理をした栗を表面が乾く程度に陰干しするなどして、乾かして下さい。

 

次に穴をあけたビニール袋に栗を入れます。(なぜビニール袋に穴をあけるのかというと、結露を防ぐためです。ビニール袋の中に、湿気がたまると栗にカビが生えてしまうので、必ず穴はあけましょうね。)

 

先ほど栗の甘さを引き出す方法として、0度で保存するのがいいと紹介しました。なので、冷蔵庫のチルドやパーシャル室でビニール袋ごと栗を保存して下さい。この状態でしばらく栗を寝かせます。

 

保存期間ですが、4~6週間が最も甘くていいと紹介しましたが、栗の賞味期限などは必ず確認するようにしてくださいね。冷蔵保存で、長くて1~3ヶ月もつものもあれば、長くても1ヶ月しかもたないというものもあります。

 

カビてしまってもダメなので、ときどき様子を見ながら注意して保存するようにして下さいね。

 

不安であれば、1ヶ月以内に食べましょう^^

 

この、栗を1ヶ月近く冷蔵庫で寝かせるという作業を入れるだけで、十分に甘くなっているはずです。手間と時間がかかってしまいますが、我慢すればするほど、美味しく食べられるということですね。

 

冷凍庫での保存方法

上記の冷蔵庫での保存方法をすると、糖度が増してより美味しく栗を食べることができますが、冷凍保存するとその状態をキープすることができるとも紹介しました。

 

なので、冷蔵保存した後にすぐに食べずないという方は、冷凍保存して食べたいときに美味しい状態の栗を食べることができます。甘くて美味しい状態をキープできるのは嬉しいですね^^

 

気になる保存方法ですが、冷蔵保存をした後の栗をジップロックなどのフリーザーバッグに入れて、空気をしっかりと抜き冷凍保存します。

 

この際に、硬い皮の鬼皮は剥いても剥かなくてもどちらでも構いません。どう調理するかによって決めたほうが良さそうですね。

 

栗ごはんなどにする場合は皮を剥いてから保存した方がいいですし、ゆで栗などにして食べる場合は剥かないほうがいいと思います。

 

この冷凍保存の方法だと、約6ヶ月間ほど保存できますので、長期間保存できそうですね^^

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

栗を最も美味しく食べるには、栗の下処理⇒1ヶ月間0度で冷蔵保存⇒食べるor冷凍保存、というのが一番だと紹介してきました。ですが、新鮮な栗も鮮度があっておいしいので、新鮮なまま食べるのと甘さを引き出してから食べるのとで2回栗を味わうことができます。

 

少し手間がかかってしまいますが、ぜひ試してみてくださいね^^

 

栗に関する記事はこちら

栗に関するまとめ

栗の簡単な剥き方!意外な方法も!

栗って果物?それとも野菜?どうやって区別しているの?

 

スポンサードリンク