634a96e33627116f525508b6e4bf359a_s

 

秋の味覚といえばですよね。自宅でも栗ご飯や栗の渋皮煮、焼き栗などいろいろな料理ができると思います。ただ、自分で下処理をしてゆでるとなるとなかなか面倒なものです。

 

そこで今回は、栗の簡単でおいしいゆで方などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

ゆでる前の下処理

db7983baf243f319c9a322e1ff6b4ac7_s

 

栗をゆでるだけなのに下準備する必要なんてあるの?と思う方も多いと思います。ですが、栗は固い殻につつまれているからといって放置しておくと、表面が白くなっていき、なんと虫が湧いてしまうそうなんです。

 

虫が湧いてしまったら栗をゆでるどころか食べることもできなくなってしまいますよね。早ければ、2~3日で虫が湧いてしまうので、栗をスーパーなどで買ったり、頂いたりしたらすぐに下処理をした方がいいのです。

 

じゃあゆでる前にどんな下処理をした方がいいのかというと、とても簡単です。半日以上栗を水につけておくだけです。

 

たったこれだけの下処理で、ゆでた後の面倒な皮むきが楽になりますし、虫も対策できるので、しばらくの間この状態のまま保存しておくことも可能です。ただ、できるだけ早めにゆでた方が美味しい栗を食べられますよ。

 

簡単で美味しい栗のゆで方

 

栗は外側の固い鬼皮とその内側の渋皮の2種類も皮があるので、栗のゆで方ってなんだか難しそうに感じるかもしれませんが、皮ごとゆでることで後で簡単に皮を剥くことができます。なので、難しく考える必要はなさそうです。

 

では具体的に、栗のゆで方を紹介していきますね。

1.下処理の済ませた栗に包丁で少し切れ目を入れます。

2.下処理の時に使った水を取り替えて、鍋に栗と栗がたっぷりとつかるぐらいの水を入れます。

3.鍋に水1リットルに対して塩大さじ1/2強を入れて溶かします。

4.塩を加えたら、鍋を火にかけて中火でじっくりと沸騰させます。

5.沸騰したら、弱火にして40分ほどゆでます。

6.火を止めて、冷めるまでそのまま放置しておきます。

 

 

水につけたまま粗熱を取ることで、栗がしっとりとゆで上がり、塩味が染み込んで甘さが引き立つようになります。鍋に手を入れても大丈夫なぐらい粗熱が取れたら完成です。

 

じっくり煮こむので渋皮もより剥きやすくなります。ただ、このゆで方だと約2~3時間ぐらいかかってしまいます。簡単ではありますが、時間がかかるのはやっぱり面倒ですよね。

 

そこで、味は落ちてしまいますが、簡単な栗のゆで方も紹介しますね。

1.下処理を済ませた栗に包丁で少し切れ目を入れる

2.鍋に栗とたっぷりの水を入れて沸騰させる

3.沸騰させたまま20分栗をゆでて完成

 

 

この方法だと、沸騰してからのゆでる時間が短く、粗熱を取る必要もないので、先ほどのゆで方に比べ、それほど時間もかからずにゆでることができます。

 

時間がそれほど取れないという方や、栗をゆでるのにそんなに時間をとれないよ!という方にはこちらのゆで方がおすすめですね。

 

スポンサードリンク

その他の栗のゆで方

 

圧力鍋を使ったゆで方

圧力鍋を使うと、なんと加圧3分で皮が剥けてしまいます。手強い渋皮も一緒に剥けてしまうので、面倒な皮むき作業をしなくても大丈夫になります。このゆで方はありがたいですね^^

 

圧力鍋を使ったゆで方は、まず、下処理を済ませた栗の頭に、包丁で十文字の切り込みを入れます。次に圧力鍋に栗と栗がかぶるくらいの水を入れます。(ふつうの鍋でゆでる時と違い、たっぷりと水を入れなくても大丈夫です。)

 

後は加圧して完成です。

 

栗の中が生の状態の剥き栗にしたい場合は、加圧2~3分、ゆで栗として食べる場合は、加圧10分ほどで調理することができます。

 

好みなどに合わせて、栗を調理できるのはありがたいですね。ただ、私はそれ以上に皮むきをしなくてもいいのがありがたいです。外側の皮も渋皮も剥くのって面倒なので助かります^^;

 

電子レンジを使ったゆで方

鍋を使ってゆでるのが面倒くさいという方には必見です。電子レンジを使って簡単に、しかも短時間でゆで栗を作ることができます。

 

作り方は簡単で、まずは下処理を済ませた栗を、おしりの固い部分だけ包丁で皮を剥きます。

 

それから、耐熱容器に栗を入れ、栗にかぶるくらいの水を入れます。後は、500Wで5~8分ほど電子レンジで温めて完成です。温めた後はとても熱いので、冷めてから栗を取り出して下さいね。

 

たったのこれだけで、ゆでた栗のようになります。とても早く簡単にできますが、少量の栗をゆでたい時にはいいですが、たくさんの栗をゆでたい時には向かないですね^^;

 

炊飯器を使ったゆで方

ed48a53d451bfe7ed0d1cb4b08e37ee8_s

 

なんと、炊飯器を使ってでもゆで栗を作ることができます。炊飯器でパンを焼けたり、栗もゆでれたりと便利な機械ですね^^;

 

ゆで方は、下処理の済ませた栗の底に包丁で切り込みを入れ、炊飯器に栗と水をたっぷり入れて”炊飯ボタン”を押すだけです。ボタンのワンタッチだけでゆで栗ができるので、便利ですね。炊飯器さまさまです^^

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

栗って生で食べようとすると、皮が固くてなかなか食べづらいと思います。ですが、栗をゆでてからだと外側の鬼皮も内側の渋皮も簡単に剥けてしまうので、ゆで栗っていいですよね。

 

今まで、無理して皮を剥くのに時間をかけて、生栗を食べいたという方は、上記で紹介したゆで方で栗を調理すると、あっという間に皮が剥けるのでぜひ試してみてくださいね。

 

栗に関する記事はこちら

栗に関するまとめ

栗の栄養価が高いってホント?カロリーはどれくらい?

栗が美味しくなる保存方法はこちら!甘くなるってホント?

 

スポンサードリンク