45d9435c1736285ed44461c6291f8a9c_s

 

秋の旬な食べ物の一つに松茸がありますよね。やや高級で少し手が届きにくい…という方も多いと思います。たまにしか食べないので松茸の美味しい食べ方が分からない…という人も多いのではないでしょうか?せっかくなので、松茸をしっかりと味わえる食べ方で食べたいですよね。

 

知り合いから松茸を送ってもらったり、たまにはと思い奮発して買ってみたりと数少ない機会を失敗したくはないですよね。そこで今回は、松茸の美味しい食べ方などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

松茸の下処理した方がいいの?

松茸って食べる前に下処理した方が良いのか迷ったことはありませんか?

 

松茸の下処理としては、石づきと呼ばれる根本の部分を削っていきます。この部分は、土がついていた部分なので、必ず包丁で削り取っていきましょう。鉛筆削りの要領で削るといいですよ。

 

ただ、他のきのこ類やお野菜の用に、流水で洗い流している人もいると思います。ですが、下処理として水洗いをするのは基本的にNGなんです。なぜなら、水洗いしてしまうと松茸独特の風味や香りが失われてしまうからです。

 

なので、濡れた布巾やキッチンペーパーでさっと汚れを拭くだけで大丈夫です。

 

ですが、どうしても虫が気になったり、石づきの部分以外にも土が付いていて気になる人は、さっと水洗いした方がいいです。少しぐらい風味や香りが落ちてしまいますが、雑菌が原因で食中毒を起こすよりかはましですよね。

 

ただ、必ず松茸を水洗いしなければならない場合もあります。それは、外国産の松茸を輸入するときです。

 

なぜかというと、輸入品は法律によって洗浄することが義務付けられているからです。というのも、外国の土には有害な菌が含まれていることもあり、感染症などの予防の観点から、洗浄して土を落としてからじゃないと国内に入れることができないからです。

 

国内産の松茸は高いので、外国産の松茸を食べることもあると思います。ですが、そういったこともあり、外国産の松茸の風味や香りは国産に比べると、劣ってしまうということなんですね。

 

ただ、私のように香りや風味よりも味が大事だ!というような人には関係ないかもしれませんね^^;

 

松茸のおすすめの食べ方7選!

では、松茸のおすすめの美味しい食べ方を7つ紹介していきますね。

松茸ごはん

a0001_010483

 

こちらは、松茸を食べ方としてはかなりメジャーですね。定番の食べ方の一つだと思います。炊き込みご飯風にして食べると絶品ですよね。松茸の食感や歯ごたえがたまりませんよね。これぞ、日本の和風料理という感じがします。

 

茶わん蒸し

こちらも松茸の食べ方としては定番ですね。和風料理や宴会の席での料理などでも、よく出てくると思います。贅沢に厚切りした松茸を茶碗蒸しに入れて食べるとたまらないと思います。お店の茶碗蒸しだと、松茸が薄いのも多いですが…^^;

 

お吸い物

お味噌汁に松茸を入れるよりも、お吸い物の中に入れる食べ方をされる人の方が多いのではないでしょうか?松茸という素材をそのまま味わうには、お吸い物の方がいいのかもしれません。

 

松茸ご飯に、松茸入りの茶碗蒸し、それに松茸のお吸い物で一食分が完成できそうですね。こんな豪華な松茸の食べ方を一度はしてみたいものです^^

 

スポンサードリンク

すき焼き

すき焼きに松茸を入れる食べ方もおすすめです。すき焼きはお肉がメインなのに、松茸を入れてしまうと主役の座を奪われてしまいますね^^;

 

甘辛いだしに松茸を絡めて食べると、絶品なのは間違いなしです。ただ、松茸ばかり食べてしまって、松茸だけすぐになくなってしまう…なんてことにならないように注意が必要です^^;

 

松茸の天ぷら

松茸の食べ方として少し意外なものがこの食べ方。天ぷらにして食べるという方法です。ただ、松茸を天ぷらやフライにすると、松茸の風味や香りが失われてしまいますので個人差はあると思います。

 

でも、サクッとした衣に包まれた松茸の歯ごたえは一度に二回も別の食感を味わうことができて、美味しいと思いますよ。

 

土瓶蒸し

ff6f168bc5034b287b35f8ee0f96a24b_s

 

ご家庭で食べるには少し敷居が高いかもしれませんが、土瓶蒸しにして松茸を食べるのもおすすめです。土瓶蒸しでは、香り、だし汁、そして松茸の食感を味わうことができるので、まさに松茸料理の王道ともいえる食べ方です。

 

私は食べたことがありませんが、一度くらいは食べてみたいです^^

 

焼き松茸

松茸の産地でのグルメリポートのテレビ番組だとよく見る食べ方だと思います。美味しそうに食べている方を見るとこっちもよだれがでてきそうになります。

 

松茸の香りや風味、そして食感などをまるごと味わえるので、焼き松茸なんて家庭ではなかなかできないですよね。そこで、グリルで焼き松茸を作る方法を簡単に紹介していきたいと思います。

 

グリルで松茸を焼く方法や食べ方

28fd2f1b43756d9835a740d682066be5_s

 

難しそうに思える焼き松茸ですが、松茸を焼くだけなので簡単にできます。七輪で焼くイメージが強いかもしれませんが、グリルでも全然問題ないそうなんです。

 

注意する点としては焼き過ぎないこと!これに尽きます。焼き過ぎるとせっかくの食感や風味が台無しになってしまいます。

調理の仕方としては

 

1.濡れた布巾や包丁をなどで汚れを簡単に落とす

2.松茸を縦にお好みに割く。

3.アルミホイルに包んで松茸をグリルで焼いて、松茸からじわっと汁が出てきたら完成。

 

これだけです。先程もいいましたが、焼き過ぎには注意です。しっかりとタイミングを見計らって、グリルから取り出すようにしましょうね。

 

食べ方としては、そのまま食べるのもいいですが、ポン酢やすだち醤油を少しかけて食べるといいそうです。お酒のおつまみなんかにもたまらないですね。

 

まとめ

松茸の食べ方を紹介してきましたが、記事を書きながら私も松茸を食べたくなってきました^^;秋の味覚といってもなかなか食べることができない松茸なので、奮発して買ったり手に入ったら失敗せずに美味しく食べたいですね。

松茸に関する記事はこちら

松茸の保存方法!冷凍しても大丈夫?

 

スポンサードリンク