fruit_melon

夏の暑い時期って、冷たいものや水々しいものを食べたくなりますよね。お中元なんかでもらったメロンもそうだと思います。

 

でも、お中元でもらった高そうなメロン、せっかくですので食べごろのタイミングでおいしく食べたいですよね。なので、今回はメロンのおいしい食べごろの見分け方を紹介していきます。

スポンサードリンク

メロンの食べごろの見分け方

メロンの食べごろの見分け方はいくつかありますが、まずは食べごろの目安のシールが付いているかどうか確認してみてください。日付シールが付いているメロンは、その日付をそのまま参考にしてもらって大丈夫です。

 

日付シールがついていない場合の見分け方は、

 

・メロンの底を押す
・つるを見る
・音で確かめる

 

の3点です。

 

まず、メロンの底を押して確かめる方法ですが、メロンの底の部分を軽く押してみて少しやわらかくなってきた時が食べごろのサインです。

 

次のつるを見るということですが、つるが枯れはじめた頃が食べごろです。完全に枯れてしまうとダメなので、しっかり観察しておかないといけませんね。

 

この2点は、こちらの動画で詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

 

 

最後の音で確かめる方法ですが、未熟なメロンと食べごろのメロンではたたいた時の音が違うんです。未熟なメロンは、「カンカンカン」という固く、高めの音がします。食べごろのメロンは、「ボンボンボン」とにぶい音がします。

 

叩き方にも、コツがあって

 

1.片手で持って耳と頬骨にメロンを当てる。

2.メロンの真ん中を2本の指で軽く叩く

 

ということを意識して下さい。

 

3つの見分け方を紹介してきましたが、未熟なメロンは身が固いのが特徴で、逆に熟してくると身が柔らかくなっていくみたいですね。

 

収穫から約5~7日後ほど熟成させたころが、メロンのおいしい食べごろなので、知り合いの農家が送ってきたよ、という方はいつごろ収穫したのか聞いてみるのもいいですね。

 

スポンサードリンク

 

メロンの保存方法

kaden_reizouko_open

メロンが届いても、まだ食べごろじゃない時はどう保存したらいいの?と思いますよね。冷蔵庫に入れて保存したほうがいいのか、それとも常温のほうがいいのか迷ってしまいます。

 

ですが、上に載せた動画でもあったように、届いてすぐに冷蔵庫に入れてはいけません

 

メロンは、冷蔵庫に入れてしまうと熟れなくなってしまうので、食べごろのメロンにならなくなってしまうのです。なので、食べごろのタイミングになるまで、直射日光の当たらない日かげになる場所で保存して下さい。

 

でも、夏など暑い時はやっぱり冷たいメロンが食べたいと思います。その時は、食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やすと冷たくて美味しいメロンが食べられます。

 

また、食べきれなくてカットしたメロンは冷蔵庫で保存しても大丈夫ですが、早めに食べないと味が落ちてしまうので気をつけてくださいね。

 

メロンがもっと美味しくなる切り方

食べごろのメロンをそのまま食べるだけでもおいしいのですが、切り方を工夫することでもっとおいしくなるって知ってましたか?

 

NHKの「ガッテン!」でも紹介されていましたが、メロンは種の周りが一番甘いのですが、次いで下半分が特に甘くなっているんです。なので、メロンを横に切って下半分を食べれば甘くて美味しいメロンを味わうことができます。

 

ちなみに、「ガッテン!」ではこの切り方を”赤道切り”と紹介されていました。横に切るだけなのに、すごいネーミングですね(笑)。

 

甘さが少なめの上半分は、牛乳を注いで合わせたり、ウイスキーと合わせたりするのがいいみたいですよ。

 

a1180_006390_m

さらに、種のとり方も少し工夫するともっと美味しくなります。

 

普通にスプーンで種を取ろうとすると、種の周りから果汁がたくさんこぼれてしまいます。種の周りが一番甘いと先ほど言いましたが、一番甘い部分の果汁がこぼれてしまうのはもったいないですよね。

 

そこで登場するのがキッチンバサミを使って種を取る方法です。

 

どうするかというと、横に切ったメロンの断面にある種と果肉がつながった部分を3箇所ハサミで切ります。それから、入れた切り込みにスプーンを差し込んで、種全体をくり抜くように取り除きます。

 

そうすると、果汁がこぼれるのを少しに抑えられるので、甘くて美味しいメロンが食べられますね!

 

スーパーで売っているおいしいメロンの見分け方

スーパーなどでメロンを買うときの、美味しいメロンの見分け方ですが

 

・形が左右対称
・ずっしりとした重量があるもの
・網目があるものは、網目が盛り上がって、網目が細く均等になっているもの

 

を選ぶといいですね。

 

美味しいメロンを買って、食べごろのタイミングで食べると、普通のメロンでもいっそう美味しくなること間違いなしです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

普段何気なく食べるメロンでも、食べごろのタイミングを気をつけたり、少し工夫をすることでお手頃な価格のメロンでもとってもおいしく感じるようになると思います。

 

高級なメロンを無理して買うよりも、全然お得ですのでぜひ試してみてはどうでしょうか?

 

スポンサードリンク