c777_santaboushiwokaburukappuru_tp_v

 

あなたは、クリスマスの日にどんな挨拶をしていますか?

 

クリスマスの日は当然「メリークリスマス!」だと思いますが、イブの24日に「メリークリスマスイブ!」と言っている人はいたりしませんか?

 

なんとなく、クリスマス・イブをお祝いしているような言葉の響きだと思いますが、クリスマス・イブの挨拶として合っているのか疑問に思いますよね。

 

そこで今回は、メリークリスマスイブという挨拶が合っているのか?また、クリスマスの挨拶は何が正しいのかなどを紹介していきますね。

スポンサードリンク

メリークリスマスイブは間違った挨拶!

クリスマス・イブの日に「メリークリスマスイブ!」と声をかけてくる人や、ツイッターでハッシュタグをつける人も多いと思いますが、そもそも「メリークリスマスイブ!」というのは間違った挨拶です。

 

もちろん、日本人同士ならぜんぜん構わないですが、欧米では、「メリークリスマスイブ!」という挨拶は不自然極まりない挨拶になります。

 

「メリー」お祝いの意味なので、「メリークリスマスイブ」を日本語にすると、クリスマス・イブおめでとう!になります。これだとクリスマス・イブが特別なように思えますよね。

 

ですが、欧米では24日のクリスマス・イブよりも25日のクリスマス当日の方が大事だと思っているので、クリスマス・イブが特別おめでたいということはありません。

 

それに、欧米のクリスマスは24日の日没~25日の日没までというのが一般的で、クリスマス・イブは24日の夜だけのことです。

 

日本だとクリスマス・イブ=クリスマスの前夜祭というイメージがありますが、本来のクリスマス・イブというのは24日の日没~25日の深夜0時までの数時間だけのことを意味します。

 

なので、欧米の方にとってクリスマス・イブというのは、クリスマスの中の一部で特にその時間だけがおめでたいということはありません。

 

欧米の方にとっては、「メリークリスマスイブ!」という挨拶は変ですし、熱心なキリスト教徒の方の場合は、気分を悪くする方もいるかもしれないので、注意が必要ですね。

 

ちなみに、日本で「ハッピーメリークリスマス!」という人もいますが、この挨拶も間違いです。

 

先程も紹介したように、メリーはそれだけで「お祝い」や「楽しい」ということを意味するので、さらにハッピーをつけると、どんだけ強調するんだよ!ということになります。

 

なので、「ハッピークリスマス!」だけでOKです。

 

「ハッピーメリークリスマスイブ」にいたっては、欧米人には難解すぎて理解できないかもしれませんね(笑)。

 

この挨拶も日本人同士なら全然問題ないですが、相手が欧米人の場合、「その挨拶間違っているよ!」と怒られてしまうこともあるので、注意ですね。

 

スポンサードリンク

メリークリスマスが正しい挨拶

b7fe9139bb86264e95fcc679170ae684_s

 

じゃあクリスマス・イブの24日はなんて挨拶したらいいの?と思うところですが、「メリークリスマス!」や「ハッピークリスマス!」だけでOKです。

 

ですが、メリークリスマスは英語でI wish you a merry Christmas!(楽しいクリスマスを!)の略で、欧米では別れ際に使う挨拶です。

 

日本だと、クリスマス当日に、クリスマスパーティーなどで皆で「メリークリスマス!」と言うと思いますが、欧米ではクリスマスが終わるまで会わないだろうな~という人に「メリークリスマス!」と言って別れます。

 

日本でいうと、年末にもう今年は会わないだろうな~という人に、「良いお年を!」と言って別れるのと同じです。なので、11月の終わりからクリスマスイブまで普通に「メリークリスマス」は使われます。

 

日本と欧米だと「メリークリスマス!」の使い方が全然違いますよね^^;

 

もし日本で欧米の方とクリスマスデートしている時に、「メリークリスマス!」なんて言ってしまうと、欧米の方はショックを受けて帰ってしまうかもしれませんね(笑)。

 

何でメリークリスマスイブが使われるようになったの?

34e23a1b3c996a7934ca82ac284e41ba_s

 

じゃあ何で間違った表現の「メリークリスマスイブ!」が使われるようになったのでしょうか?

 

これは推測ですが、日本人のほとんどが、ぶっちゃけクリスマスのもともとの意味とかどうでもいいと思っているからだと思います(笑)。

 

そもそも、周りを見渡してもキリスト教徒の日本人なんてそんなにたくさんいないですし、キリスト教徒でもないのに、厳格にキリストの生誕祭をしなければならない!と思っている人はいないと思います。

 

なので、キリスト教の生誕を祝わなければならない→誰だそれ?欧米のクリスマスはこんな感じだ→日本っぽくした方がよくね?というふうになっていったんだと思います。

 

だから、クリスマス当日よりもイブの方が大事というイメージができて、イブになるとメリークリスマス?今日24日でイブだしメリークリスマスイブじゃね?と使われるようになったのじゃないでしょうか?

 

まとめ

「メリークリスマスイブ!」という挨拶は間違っている!と紹介してきましたが、日本人同士なら全然問題ないと思います。

 

そもそも、正しい日本語を使えている人も少ない(笑)と思いますので、そんな細かいこといちいち気にしてられないですよね。

 

周りの人が使ってたし、それっぽい雰囲気の言葉だよね。という感じで相手に伝われば全然OKだろ思います。ただし、相手が欧米人の場合だけはまずいので気をつけてくださいね。

 

スポンサードリンク