a0002_007512_m

夏って、外は暑いんですけどオフィスやお店など室内ではガンガンに空調が効いてるって感じたことはありませんか?

 

夏だからといって、薄着で外出すると室内に入った時に寒い…それが原因で夏なのに風邪を引いてしまった…なんて経験あると思います。夏風邪って長引くことも多いですし、なんとか早く治したいですよね。

 

そこで今回は、引いてしまった夏風邪を長引かせずに早く治す方法を紹介していきます。

スポンサードリンク

夏風邪の症状や原因

夏の風邪って冬の風邪に比べて長引きやすくて、なかなか治らないですよね。夏風邪も冬の風邪同様にウイルスが原因ですが、夏風邪の原因となるウイルスは冬のウイルスとは種類が違うのです。

 

ウイルスの種類が違うので、症状が異なってくるのです。夏風邪の原因となるウイルスは、腸で繁殖するものが多いので、発熱・のどの痛み・腹痛・下痢・吐き気・嘔吐などの症状が多く見られます。

 

逆に、冬の時期の風邪と違って、鼻水や鼻づまりの症状は出にくいのが特徴です。

 

また、小さい子供など免疫力の低い子供が夏風邪を引いてしまうと、高熱を出してしまう場合もあるので注意が必要です。

 

夏の風邪だし、たいしたことないだろうと思って放っておくと、つらい症状がなかなかとれないので、できれば早く治したいですね。

sick_kansensyou

夏風邪を早く治す方法

早く夏風邪を治したいと思った時に、市販薬を飲んで治そうとする人が多いですが、市販薬で症状を抑える事はできても、なかなか完治はできません。それに、夏風邪の原因となるウイルスはいろいろ種類があってそれら全てに効果があるとは限りません。

 

てっとり早い方法として、お医者さんに診てもらって薬を処方してもらうことです。ちゃんと、お医者さんに診てもらうと、自分の症状にあった薬を処方してもらえるので一番いいですね。

 

他にも、夏風邪を早く治す方法として、自分の免疫力を高めることが挙げられます。お医者さんに診てもらって、自分の免疫力が高まるような生活習慣を心がけると完璧ですね。

 

夏風邪を治すための免疫力を高める方法として

 

・睡眠
・水分
・食事

 

の3つをしっかり摂ることが重要です。

 

スポンサードリンク

 

睡眠に関しては、しっかりとした睡眠時間を確保するのはもちろんですが、熟睡することも大事です。寝る前にテレビを見たり、パソコンや携帯をいじったりするのは控えましょう。

 

また、発熱・下痢などの症状が出ている人は特にですが、しっかりとした水分補給を心がけましょう。のどが乾燥していると、免疫力が低下し、ウイルスが繁殖しやすくなってしまうので、のどが乾いたと感じる前に定期的に水分補給しましょう。

 

食事に関しては、夏風邪になるとのどの痛みや腹痛、夏の暑さで食欲不振になりがちですが、早く治すためにもしっかりとした食事を心がけましょう。

 

夏風邪を治すための食事として、ビタミンBとビタミンCをたくさん含んだ食事をとるようにすると夏風邪の治りが早まります。

 

ビタミンBは、うなぎや豚肉、大豆などの食品に多く含まれています。ビタミンCは、夏野菜であるトマトやナスを含め野菜に多く含まれています。

 

十分な睡眠、水分補給、栄養のある食事をとること、健康のために必要な当たり前のようなことですが、夏風邪になったら、少なくとも3~5日間ぐらいは、これらのことに気をつけたいですね。

 

仕事や学校、家事などで忙しくても長引かせてしまうと余計に辛くなってしまうので、早く治すためにも、しっかりと休養をとりましょう。

 

予防方法

sick_vaccine

夏風邪を引いてしまう原因の中には、クーラーの効き過ぎや、夏バテで食事をあまり取らないことがまず挙げられます。

 

なので、オフィスや学校で空調が効きすぎてる…となったときのために上着や毛布は必ず用意しておいたほうがいいです。それから、食欲がなくても食事は摂るようにしてくださいね。夏にしっかり食事を取らないと夏太りの原因にもなってしまいます。

 

詳しい夏太りの原因はこちら⇒夏に太る原因って何!?

 

また、夏風邪のウイルスの特徴として、湿気の多い場所で繁殖しやすいので、部屋の中の湿気をとることも大事です。クーラーをつけっぱなしにするのではなく、適度の換気を心がける必要がありますね。

 

他にも、夏風邪のウイルスは目から感染するということもあるそうです。なので、うがいや手洗いをすることはもちろんですが、不特定多数の人がたくさんいるプールなどに入った後は必ず目を洗いましょう。

 

さらに、部屋の中のダニを取ることも夏風邪の予防になるので、ダニの駆除も定期的にしておきたいですね。

 

ダニを駆除する方法はこちら⇒ダニの駆除には温度が重要!?

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

夏休みがある学生などは特に、生活習慣が乱れやすいので、夏風邪にかかりやすいんじゃないでしょうか?ちなみに私は学生の頃、毎年夏に必ず風邪を引いていました^^;

 

夏風邪は、冬の風邪に比べて長引きやすいですし、症状もお腹にくるものが多いので、非常にタチが悪いです。ですが、かかってしまったら、早めにお医者さんに診てもらって規則正しい生活を心がけるのが良さそうですね。

 

スポンサードリンク