summer_necchusyou_yobou

夏になると、熱中症には気をつけなければなりませんよね。暑さで倒れないように、学校やオフィス朝のニュースでもこまめに水分を摂るように呼びかけられたりしています。

 

もちろんそれだけでも効果がありますが、食べ物にまでは気を使っている人は少ないんじゃないでしょうか?

 

そこで今回は、飲み物だけじゃない熱中症を予防する食事を紹介していきます。

スポンサードリンク

熱中症を予防する食事とは?

熱中症を予防するには、こまめな水分補給が一番有名ですし効果的ですが、それに加えて、熱中症の予防効果のある栄養素を含む食事を摂ると、もっと効果的になります。

 

熱中症の予防効果のある食事メニューでより快適な夏を過ごしましょう!

 

熱中症の予防効果のある成分

水や塩分が熱中症の予防に効果的ですがそれに加えて

 

・カリウム
・ビタミンB1
・クエン酸

 

の3つの成分が熱中症対策に効果的であると言われています。

 

と言われても、どんな食べ物にこれらの成分が含まれているかわかりませんよね。これらの成分はどんな食材に含まれているか順番にみていきます。

 

カリウム

a0001_012078_m

汗をかくと、体の水分や塩分が失われますが同時にカリウムも失われます。このカリウムが不足してしまうと、細胞内が
脱水症状を起こしたり、ひどいと臓器の機能障害が起こる可能性があります。

 

ですが、このカリウムは普段から摂っておくことで熱中症にかかった時の回復力が高くなります。普段から少しずつ食べておきたいですね。

 

このカリウムを多く含む食べ物は

 

バナナ、じゃがいも、ほうれん草、ひじきのり、そら豆、いんげん豆など

 

特にじゃがいもが野菜の中でも多くカリウムを含んでいるので、普段の食事に積極的に取り入れましょう!

 

ビタミンB1

熱中症にはビタミンがいい!ってなんとなく聞いたことありますよね。スポーツドリンクでもビタミンウォーターがよく売られています。

 

このビタミンB1は、糖質を分解して、疲労物質(乳酸、ピルピン酸)が体に溜まらなくする効果があります。疲労回復や夏バテにも効果があるのでこちらも積極的に取り入れましょう!

 

ビタミンB1を多く含む食べ物は

 

豚肉、うなぎ、グリーンピース、青のり乾燥大豆など

 

クエン酸

a0002_004851_m

クエン酸というと、なんとなく掃除のイメージが強いですが、疲労回復効果や老化防止の効果もあるので、夏バテ対策や、肌の美容効果もあります。

 

クエン酸は、主にすっぱいものに多く含まれています。なので、クエン酸を多く含む食べ物は

 

レモン、酢、オレンジ、梅干しなどが挙げられます。

 

中でも、梅干しは塩分も多く摂取できるので運動した後に食べるといいそうです。実際に、サッカーでインテルに所属していて
日本代表も務めている長友佑都選手も試合の時には梅干しを食べているそうですよ。

 

スポンサードリンク

 

その他

ご飯をしっかり食べる

その他にも、熱中症は体調が良くない時に起こりやすいと言われています。なので、暑くて食欲がないかもしれませんが、しっかり1日3食食べましょう!

 

規則正しく3食食べることは夏太りを防ぐ効果もあるのでいいですよ。

 

夏太りの原因や予防法はこちら

 

旬の野菜や果物を食べる

a0005_000130_m

夏の旬の野菜といえば、なすやきゅうり、トマトがありますよね。これらの野菜は、水分を多く含んでいて体の熱を下げ、熱中症予防になります。

 

また、スイカや桃、メロンなども体に良いので食べ過ぎない程度ならおすすめです。

 

旬の食べ物は、人がその時期に必要な栄養素を含んているとされているので、夏にかぎらず、その時期の旬の食べ物を積極的に食べるようにするといいみたいですね。

 

ただ、食べ過ぎにだけは注意です^^;

 

おすすめのメニュー

熱中症の予防になる食べ物や成分を紹介してきましたが、それらを含んだ、熱中症に効果的な食事メニューを紹介します。

 

なんといっても一番のおすすめのメニューは

 

 

ずばりカレーです。

 

 

カレーの具材には、カリウムとビタミンB1を含むじゃがいも、豚肉が入っていますよね。

 

また、カレーのスパイスには、発汗作用や食欲増進、消化促進などの効果があります。暑い時こそ、ホットなカレーがいいってことですね^^

 

特に、トマト入りのカレーは完璧ですね!

 

a0006_001899_m

 

その他のメニューとしては、

 

・豚のしょうが焼き
・うなぎ
・味噌汁

 

がいいです。

 

味噌汁は塩分をしっかり取れるので、野菜などの具を沢山入れるともっといいですね。

 

7月には土曜の丑の日もありますし、うなぎのお供に味噌汁はいかがでしょうか?

 

鰻の美味しい温め方はこちら

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

熱中症予防には水分補給以外にも食事も効果的だと紹介してきました。最近の夏って、とても暑いですよね。油断してると、家にいてても暑さで頭がやられてしまいそうになります。

 

でも、熱中症になって倒れてしまってからでは遅いので、しっかり予防して快適なサマーライフを過ごしていきましょう!

 

スポンサードリンク