tsukimi_jugoya

秋の風物詩といえばお月見ですね。

 

綺麗な満月に美味しいお団子、晩酌に月見酒なんかを用意するのもいいですね。なので、2016年はお月見がいつできるのか気になる人も多いと思います。お月見を楽しむためにも、綺麗な満月が見えるのはいつなのかちゃんと調べておきたいですね。

 

そこで今回は、2016年はいつお月見ができるのか紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

お月見の由来

pyoko9_jugoya

今でこそ、”お月見”という文化が日本に定着していますが、もともとは奈良~平安時代の間に中国から伝わってきた風習だと言われています。

 

伝わった当時は、貴族が月を見ながら和歌を詠んだりと風情を楽しむだけのものでしたが、月見の風習が庶民にも伝わり、ちょうど収穫の時期と重なっていたので、秋の実りを感謝する風習へと変わっていきました。

 

芋類の収穫の時期だったということもあり、当時は芋とお団子とすすきをお供え物として満月に豊作を祈願していたようです。今では、月を見ながらお団子を食べる人が多いと思いますが、もともとは豊作を祈願してお団子を備えていたんですね。

 

ちなみに昔の貴族は月を見る際に、直接月を見ることはせずに水面に映る月を見ていたんだとか。夜でも明るい都会だとあまり感じられないかもしれませんが、街灯が少ない田舎だと大きな川や海に反射して月が綺麗に見えることがあります。

 

直接月を見るよりも風情があっていいのかもしれませんね。

 

2016年のお月見はいつ?

2016年のお月見の日は、9月15日です。

 

ちょうど9月15日が十五夜になっていますが、実は十五夜は毎年違った日付になります。

 

というのも十五夜は、旧暦の8月15日に行われる行事です。旧暦は、月の満ち欠けを基準に決めていて、太陽の動きを基準にしている現在の新暦とは日付が全く違っています。なので、現在の太陽暦に直すと、だいたい9月上旬~10月上旬辺りまでが十五夜の日に当たります。

 

旧暦は月を基準にしているので、月に関しては旧暦の方が正確みたいですね。ちなみに、十五夜に見られる綺麗な満月は、”中秋の名月”と呼ばれています。

 

スポンサードリンク

お月見は2回ある!?

実は、お月見って2回あることをご存知でしたか?

 

しかも、お月見を2回せずに片方の月しか見ないと「片月見」と言われ縁起が悪いもの…とされているようです。とはいっても、昔の風習なので今はそんなに気にしなくても大丈夫です。でも、2回もお月見ができるならしたいですよね^^

 

代表的なお月見は、「十五夜」の日に行いますが、2回目つまり後のほうのお月見は、旧暦の9月13日に行われていたことから「十三夜」と呼ばれます。”じゅうさん”というと西洋では不吉な数字ですが、お月見は日本の文化なので気にしないでくださいね。

 

ちなみに、この十三夜ですが、満月じゃないんですね。満月じゃないのに月見するの…?と思われると思いますが、十五夜のお月見を済ませた後に「十五夜」のつぎに美しい月として名残惜しむようにお月見をするために行われていたそうです。

 

なので、「十三夜」に見える月は「名残の月」とも呼ばれています。この「十三夜」はお月見発祥の中国では行われていないみたいなので、月を名残惜しむというのが日本独特の風情を感じますね。

 

「十五夜」ではお団子を食べると思いますが、「十三夜」では枝豆や栗をお供え物にしていたそうなので、「十三夜」の日は、やや満月に満たない月を眺めながら枝豆や栗をつまみにお酒が進みそうですね^^;

 

ちなみに2016年の「十三夜」は、10月13日になっています。

 

片月見は縁起が良くないので、このことを理由にして、月を眺めながら晩酌を進ませてみてはどうでしょうか?(笑)

 

お月見といえばうさぎ?

tsukimi_jugoya_usagi

お月見といえば、月でうさぎがお餅をつく姿をイメージする方が多いと思います。

 

なんでうさぎなんだろう…?と思った方も多いと思いますが、実は単に月の影模様がうさぎの姿に見えたからなんです。そこから、月にはうさぎがいる、うさぎが餅をついているといったことが伝えられていったそうなんです。

 

ちなみに、海外では月の影の模様が違った風に見えていて、

 

・東ヨーロッパでは女性の横顔
・北ヨーロッパでは本を読むおばあさん
・モンゴルでは犬
・アラビアではライオン

 

と世界各国でも見方によって全然違うみたいですね。なので、日本ではお月見の日に月でうさぎが餅をついている、というように海外でも独特の伝説や伝承があるのかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

私達の文化というよりも習慣になっていたお月見について、知らなかったことも多かったと思います。きちんと、十五夜の日にお団子やすすきを用意する人はそんなにいないかもしれませんが、せっかくのお月見なので、月見酒とお団子は用意したいですね(笑)

 

お月見も昔と今では違ったものになってきていますが、せっかくなので、十三夜も合わせて2回お月見して楽しんでみてはどうでしょうか?

お月見に関する記事はこちら

十五夜の意味って何?お団子やすすきはなぜ?

お月見団子の簡単な作り方!

お月見どろぼうって何?

 

スポンサードリンク