4bad68d72049b2d74fd067385cf34aa1_s

 

リレーといえば、運動会や体育祭ではもう定番中の定番ですよね。ほとんどの学校でリレーをやっていると思います。でも、徒競走と違ってリレーはバトンパスがやっかいですよね。バトンをパスするだけなので、簡単だと思っていると意外にミスって起こるんです。

 

リレーで他のクラスやチームに勝つには足が速い人がたくさんいることも大事ですが、一人一人のバトンパスを正確に素早く行うことも大事です。少しの差でも積み重なれば大きくなるので、たかがバトンパスだからといってあなどれないです。

 

なので今回は、リレーのバトンパスについてうまくいく方法を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

バトンパスは重要!

運動会や体育祭などのリレーでは、よく足の速さにだけ注目されてバトンパスのことは軽視されがちですよね。代表リレーなどでは、とりあえず足の早い人を集められると思います。ですが、実は足の速さよりもバトンパスの方が重要なのです。

 

北京オリンピックで、日本代表のリレーチームが銅メダルを獲得したことを覚えているでしょうか?優勝して金メダルを獲得したのは、あのボルト選手がいるジャマイカですが、日本は、100メートルを9秒台で走る人ばかりのアメリカや中南米という陸上の強豪を押さえての3位でした。

 

なぜ100メートルを10秒台で走る人ばかりの日本がアメリカなどの強豪に勝てたからというと、バトンパスを徹底的に磨いていたからです。それに対し、アメリカは練習不足のせいかバトンパスのミスなどもあってメダルを獲得できませんでした。

 

優勝候補とされていたアメリカも、少しのバトンパスのミスでメダルすら獲得できなくなってしまったということもあり、リレーにおいていかにバトンパスが重要か分かると思います。

 

さらに、リオオリンピックで開催された100×4人の男子400メートルリレーでは、以前より改良された「アンダーハンドパス」を駆使して、予選、決勝共にアジア新記録を更新して銀メダルを獲得しました。

 

日本陸上で初の快挙ということもあり、私も見ていてとても感動しましたが、世界から見ても日本のバトンパスの技術の評価は高いようです。

 

100m、200m、400mリレーでオリンピック3連続3冠王、金メダル9個という偉業を成し遂げたウサイン・ボルト選手も「日本は非常に良かったと思う。バトンの渡し方が素晴らしく驚いている」と絶賛するほど。

 

日本のバトンパスの技術が世界に通用したのに感動したのと、バトンパスでタイムが大きく変わるのだと納得させられました。

 

運動会や体育祭でクラス全員で走るリレーなどがあれば、バトンパスの頻度も増えるのでその影響力はとても大きいですよね。運動会や体育祭ではさすがに、オリンピックのようにメダルがかかったようなプレッシャーは感じないと思いますが、できるなら上手くバトンパスをして勝ちたいですよね。

hyousyou_sports_man

バトンの受け渡し

バトンを受け渡しする際は、右利き左利きに関係なく、右手で受け取って、走っている最中に左手に持ち替え、相手の右手にバトンを渡します。

 

右利きだからといって、右手でバトンを持ち相手の右手に渡そうとすると、2人の走者の胴体が前後で重なるので、2人の足が接触しやすくなってしまうのです。なので、バトンを渡す人は左手で右斜め後ろから相手の右手に渡すようにします。

 

さらに、バトンを渡す人はバトンの下の方を持って上の方を相手の手のひらに乗るように、受け取る人はバトンの上の方を持って、持ち替えるときに下のほうを持つようにします。

 

簡潔にまとめるとバトンの受け渡しは、

・右手で受け取って、左手に持ち替えて走る

・バトンを渡すときは下の方を持って、受け取るときは上の方を持つ

この2つは必ず押さえておくようにしましょう!

 

スポンサードリンク

バトンパスのタイミング

リレーでのバトンパスで、後ろの走者を確認しながらバトンを受け取ろうとすると、とんでもなく時間のロスになってしまいます。後ろの走者が自分の近くまで来たら、自分は前を見て、手を後ろに出して加速しながらバトンパスを受け取るようにしなければなりません。

 

かといって、上手くタイミングが合わないとかえってバトンパスのミスにつながってしまいますよね。なので、バトンを渡す側の人はバトンパスをする際に必ず「ハイ!」というような声をかけてあげてください。その掛け声を合図にバトンパスをすると上手く行きやすいですよ^^

 

ただ、いきなりリレー本番でうまくバトンパスができるかというと難しいところがあるので、前もってバトンパスの練習はしておいたほうが良さそうですね。

 

バトンゾーンの活用

12418f9d453752bad2734236169b10ee_s

 

バトンゾーンって何かご存じですか?正式名称はテークオーバーゾーンですが、わかりやすくするために、ここではバトンゾーンとします。

 

運動会や体育祭では学校によってはないところもあるかもしれませんが、大体の場合は、リレーで走者が待機する場所の前後20~30メートルほど白線で区切られていて、名前の通りバトンパスができる区間のことをいいます。

 

リレーバトンパスのコツとしては、このバトンゾーンを上手く活用することが重要になってきます。

 

リレーではどうしても足の速い人と遅い人は分かれてしまいます。これは仕方のない事ですよね。(私も足の遅い方の人でした…^^;)なので、このバトンゾーンを活用して、足の早い人にたくさん走ってもらって、足の遅い人は走る距離を少なくなるようにします。

 

なので、自分のほうが後者より足が遅いと思う場合は、バトンゾーンの奥のほうで待機します。ただ、この際に、奥のラインギリギリで待機していると、うまく助走をつけられないので、バトンゾーンの奥のラインギリギリでバトンパスができるようにするといいですね。

 

逆に、自分のほうが足が速いと思う場合は、バトンゾーンの一番手前のラインよりもさらに手前で待機して、バトンパスが一番手前のライン付近で行われるようにします。

 

陸上競技に厳しい学校だと、リレーで待機する人の場所から前後20メートルをバトンパスのできる”テークオーバーゾーン”、このゾーンまでなら待機できるという、テークオーバーゾーンの手前10メートルの”ブルーオーバーゾーン”という区間を設置しているかもしれません。

 

私の中学校では、陸上部が全国で活躍するほどの学校だったこともあり、なぜか体育祭のリレーでもこの辺りのルールが厳しく、ちゃんとブルーオーバーゾーンまでの区間で走者が待機しないと激怒されてしまう…というのを覚えています^^;

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

少し脱線してしまったかもしれませんが、リレーでは、個人個人の足の速さではなく、バトンパスなどの連携プレーの方が大事になってきます。本気でリレーで勝ちにいきたい!と思うのなら、まずはバトンパスから磨いてみるといいかもしれませんよ。

 

運動会や体育祭に関する記事はこちら

二人三脚を制するコツ!早く走るために必要なのはコレ!

台風の目って何?運動会の競技ってホントなの?

綱引きのコツ!本気で勝つための必勝法!

保育園や幼稚園の親子競技を年齢別に紹介!

運動会や体育祭に関するまとめ

 

スポンサードリンク