9087d44d6204f4870703b359d5144ca1_s

 

秋の味覚といえばさんまですよね。塩焼きにすると香ばしくておいしいですが、さんまの栄養がどれぐらいあるかご存じですか?さんまは体に良いってよく聞くけど、その栄養価や効能がどれぐらいか詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、さんまの栄養価やその効能について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

さんまの栄養とその効能

fish_sakana_sanma

 

お魚というと健康に良さそうな栄養をたくさん含んでいるイメージが有りますよね。さんまにもたくさん栄養が含まれていて、私たちの体への効能も期待できます。では、一つずつさんまの栄養とその効能を紹介していきますね。

血液サラサラ効果

さんまにはEPAという栄養素が含まれていて、このEPAは血液をサラサラにする効果があるとされています。「EPA」はエイコサペンタエン酸というふ飽和脂肪酸の一種で、実際に医療品の薬にも含まれていたりします。脳血栓や心筋梗塞など血液が詰まる病気の予防の効果がありますので、嬉しいですね。

 

DHAで頭を活性化して脳の老化防止

DHAという栄養素は聞いたことのある人も多いんじゃないでしょうか?このDHAの栄養素を摂ると、頭が良くなるというイメージを持たれる方も多いと思います。

 

この「DHA」もドコサヘキサエン酸という飽和脂肪酸の一種で、神経細胞の細胞膜をやわらくして、脳の働きを活発にして、記憶力の向上や頭の回転を早くする効果があるそうです。さらに、認知症の予防など脳の老化防止にも効果が期待できるのでありがたいですね。

 

しかも、このDHAには体内の悪玉コレステロールを減らす作用もあり、至れり尽くせりです。これだけの効能があるので有名になったのでしょうね。

 

嬉しい美肌効果

ASE_014_TP_V

 

女性の方には嬉しい朗報です!さんまには、美容には欠かせない美肌効果があるというのです。

 

というのも、さんまに含まれる栄養素にはビタミンが豊富に含まれていて、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2というようにたくさんあります。

 

ビタミンAには、皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあります。さらに、上皮細胞の代謝を活発にして免疫を高める効果、更に肌荒れやニキビ予防の効能も期待できます。

 

さらに、ビタミンEはアンチエイジングには必須の栄養素です。この栄養素は、紫外線の影響でできたシミやたるみの元を減少させる効果があります。さらに、血流をよくする効果もあり、新陳代謝を活発にして、肌のターンオーバーを助けます。

 

最後にビタミンB2という栄養素ですが、皮膚、髪の毛、爪などの細胞の再生に働くので、肌荒れや髪の毛のトラブルの解消に役立ちます。この栄養素もターンオーバーの改善効果がありますので、美肌を目指す方には欠かせませんね。

 

それに加えて、さんまの内臓にも美肌効果があります。さんまの内蔵にはレノチールという栄養素が含まれていて、細胞の形成や水分保持の効果があります。肌の乾燥を防いだり、シワの予防や肌の修復など様々な美肌効果が期待できます。

 

普段から内蔵は捨ててしまっている方も、美肌のために食べるようにしてみてはどうでしょうか?新鮮なさんまほど苦味も少ないので、おすすめですよ。

 

こんなに美肌にいいなんて私も知らなかったです。これだけの美肌効果があるのだったら、毎日でもさんまを食べたいぐらいです^^;

 

スポンサードリンク

脂肪燃焼効果

先ほど紹介したビタミンB2とう栄養素には、脂肪燃焼効果もあるのです。これは、ダイエット中の方にはありがたい情報ですよね。無理して、食事制限をしている方も多いと思いますが、お肉や油物はダメでもさんまであれば食べてもよさそうですね^^

 

二日酔いに効く

futsukayoi

さんまをお酒のお供に食べる方も多いと思いますが、なんと二日酔いにも効くというのです。週末にお酒を飲み過ぎてしまう方にはおすすめですね。さんまに含まれるタウリンという栄養素は肝臓の働きをよくしてくれるので、アルコールの分解に疲れた肝臓に効果的です。

 

貧血予防

さんまに含まれる栄養素の中には、貧血も予防してくれるものも含まれているのです。貧血防止には鉄分が必要というイメージがありますが、それ以上にビタミンB12という栄養素も必要になってくるのです。血液のもとである赤血球を体が作るときに必要なのが、ビタミンB12という栄養素なんです。

 

さんまには鉄分に加えて、このビタミンB12も多く含まれているので、貧血気味の方にさんまはおすすめの食材になりますよ^^

 

タンパク質でスタミナアップ

タンパク質と聞くと、お肉をイメージする方も多いと思いますが、実はさんま含めて魚にも同様のタンパク質が含まれているのです。しかも、さんまを含めた魚のタンパク質は、肉類に比べて消化されやすいという特徴があって小さい子供からお年寄りまで安心して食べられます。

 

体づくりやスタミナアップにいい栄養素のタンパク質を、さんまを食べてたくさん摂りたいですね。

 

ビタミンAで眼精疲労防止

computer_tsukare

さんまにはビタミンAという栄養素が含まれると先ほども紹介しましたが、このビタミンAには眼精疲労などの予防含め目の機能を正常に保つ効果があるのです。このビタミンAの栄養素が不足すると、さまざまな目の機能に不調が出てくるので気をつけたいですね

デスクワークでパソコンを使う機会が多い方や、日頃から画面から目が離せない方にはさんまがおすすめです。

 

カルシウムで骨の形成にも

さんまにはカルシウムもたくさん含まれています。言わずと知れていますが、骨の形成や脳や神経の働きに効果があるのでおすすめです。

 

普通のさんまであれば骨まで食べられませんが、缶詰のさんまなら骨まで食べることが出来るのでカルシウムをたくさん摂ることができます。

 

缶詰のさんまは柔らかく煮てあるので、骨も食べることができます。なので、普通のさんまを食べるよりもたくさんカルシウムを食べられますよ。

 

やや味が濃かったり、塩分や添加物も多少含まれていたりしますが、缶詰のさんまも普通のさんま同様に栄養素がたくさん含まれていますので、どうしても料理を作るのがしんどい時には手軽で便利ですよ。

 

まとめ

さんまの栄養を紹介してきましたが、とても体にいい成分が多くて、私も記事を書きながら驚いてしまいました。食欲の秋なので、食べ過ぎに気をつけている人も多いと思いますが、こんなにも効能のあるさんまなら毎日でも食べたいぐらいですね。

 

さんまに関する記事はこちら

さんまの旬っていつ?鮮度のいいさんまの見分け方はこれ!

さんまの焼き方!フライパンで手軽に焼く方法!

さんまの焼き方!グリルで美味しく焼く時間はどれぐらい?

さんまに関するまとめ

 

スポンサードリンク