a01_252

 

秋といえば”さんま”の季節ですよね。さんまは漢字で書くと”秋刀魚”というぐらいですので、まさに秋の魚の代表です。でも、他の魚の漢字って鮭(さけ)や鯛(たい)のようにほとんど一文字だと思います。

 

どうしてさんまの漢字だけ特別なのか?由来と何か関係があるのか調べてみました。

スポンサードリンク

さんまの正式名称

さんまの正式名称ってご存じですか?そんなこと考えたこともないよ!という方も多いかもしれませんね。一般的に言われている呼び方とは違います。人間で言うと”ホモ・サピエンス”ですが、さんまの場合はどうでしょうか?

 

さんまの学名、正式名称は”サイラ”(Cololabis saira)といいます。今は”さんま”と呼ばれることが多いですが、日本でも、さんまのことを昔はサイラ(佐伊羅魚)と呼んでいたそうです。特に関西ではこの”サイラ”という呼び方が主流だったそうです。

 

ロシア語でもさんまのことを”サイラ”と発音するそうですが、日本語が由来になってさんまの正式名称が”サイラ”になったと言われています。

 

英語じゃないの?と思われるかもしれませんが、さんまは英語で「Pacific saury」といいます。”saury”ってサイラに似ているようで、似ていないですよね。英語が発祥というわけでもなさそうです。

 

探してみれば、日本のどこかの地域でもさんまのことをサイラと呼んでいるところもあるかもしれませんね。

 

さんまと呼ばれるようになった由来

7a1e564a95a8078f937ca707ef798afd_s

 

さんまの正式名称ですが、サイラって聞いてもピンときませんよね。サイラがどうやってさんまと呼ばれるようになったんでしょうか?「さ」から始まることと三文字ということしか共通点がないような気が…と思っていました。

 

ですが、昔に遡って調べてみると、さんまと呼ばれるようになった由来は2つの説があるそうなんです。

 

ひとつ目の説ですが、さんまはサイラという呼び方の他に”サマナ”(狭真魚)という呼び方もあったそうです。細長い魚という意味があるそうですが、サイラと違ってだいぶさんまに近づきましたね。

 

「サマナ」⇒「サマ」⇒「サンマ」になったという説が有力なようです。これなら納得がいきそうですね。

 

もう一つの説としては、「サワンマ」という言葉が語源になったという説です。これは、たくさんを意味する「沢」と「魚」を意味する「マ」からなる「サワンマ」が語源になったという説です。

 

「サワンマ」って少し言いづらいですよね^^;なんとなくですが、「サマナ」からさんまになった説のほうがやっぱり説得力がある気がします。

 

スポンサードリンク

 

さんまの漢字ってどうして秋刀魚なの?

漢字三文字の理由

さんまと呼ばれるようになった由来などを紹介してきましたが、さんまの漢字の由来とは関係がなさそうですね。

 

さんまってなぜか漢字三文字で「秋刀魚」と書きます。ですが、他の魚を思い浮かべてみると、鮭(さけ)、鯛(たい)、鰯(いわし)、鮪(まぐろ)など漢字一文字で表わされます。

 

なぜこのようにさんまは漢字一文字で表されなかったのでしょうか?

 

さんまの漢字「秋刀魚」は今では日本全国で統一されていますが、この漢字が登場したのは、大正時代のことで、他の魚へんの漢字よりも新しいです。”さんま”という呼び方はそれ以前も存在していたそうですが、漢字だけはなかったようですね。

 

なぜかというと、漢字の発祥の中国ではさんまが獲れなかったそうで、さんまという漢字を作る必要がなかったからなのです。なので、「秋刀魚」という漢字も完全に日本オリジナルの和製漢字の当て字ということです。

0163be0455c90bc961d17589f6a03e04_s

その他の当て字

秋刀魚という漢字が作られるまでも、たくさん当て字が使われていたそうです。江戸時代には、さんまが大量にとれると市場がにぎわったことから、魚へんに祭りで「鰶」という漢字が当てられていました。

 

また、明治時代にも夏目漱石の『吾輩は猫である』の中でもさんまのことを「三馬」と当てられていました。夏目漱石は当て字が好きだったそうですね。

 

個人的には、「鰶」の漢字一文字でさんまと呼んでもよかったんじゃないかなとも思うんですが、その後に登場した、「秋にとれる刀のような形をした魚」という意味の「秋刀魚」という漢字が主流になりました。今でも、この漢字でさんまと呼びますよね。

 

ですが、秋刀魚という漢字と同時に「秋光魚」という漢字も当てられていたそうです。艶があって光っているからでしょうか?こちらは消えていきました^^;

 

パソコンや携帯で”さんま”と入力すると、決まって「秋刀魚」という漢字が表示されますが、この漢字をどう読もうともさんまと読みにくいですよね…完全に読み方よりも意味で当て字を作ったというのがまるわかりです。他の魚の漢字もそうなんですけどね^^;

 

まとめ

さんまの漢字が一文字なのは、名前の由来とは関係がありませんでしたが、中国でさんまという漢字がなかったのは少し意外でした。調べてみるとこのような和製漢字ってもっとたくさんあるかもしれませんね。

 

さんまに関する記事はこちら

さんまを塩焼きにするとき内蔵ってどうしたらいいの?

さんまの旬っていつ?鮮度のいいさんまの見分け方はこれ!

さんまの焼き方!グリルで美味しく焼く時間はどれぐらい?

さんまの焼き方!フライパンで手軽に焼く方法!

さんまに関するまとめ

スポンサードリンク