687969299b665757c2d79231b4a3277e_s

 

秋の旬といえばさんまですよね!さんまの塩焼き、刺し身などなど美味しそうな料理はたくさんあると思います。さんまの旬が秋ということは、なんとなく分かりますが、具体的にいつぐらいかってご存じですか?

 

時期が違えば脂ノリが変わってきて美味しさも変わってくるとのこと。できれば、新鮮な状態の美味しいさんまを食べたいですよね。そこで今回は、さんまの旬の時期などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

さんまの旬っていつ?

さんまというと秋の魚の風物詩だともいえますが、旬の時期は9月~10月頃になります。もちろん、地域によって多少の時期の前後したり、どの用にして食べるかでも旬の時期は変わってきますが、とにかく秋の時期に食べるさんまが一番美味しいということですね。

 

さんまは「季節回遊魚」と呼ばれていて、季節ごとに大移動する習性があるそうなんです。

 

夏を迎えるまでの間は、北海道よりも更に北のオホーツク海というところにいますが、夏になると一気に北海道付近まで南下してきます。さらに秋になると関東やそれよりも南に南下していくのです。

 

なので、実は北海道では夏でもさんまって捕れるんです。でも、旬じゃないので、味はイマイチだそうです…。

 

さんまが旬の魚になって味がおいしくなるのは、どうやら脂のノリ具合が変わることが原因のようです。確かに、マグロでも脂身が少ないマグロと多いマグロでは味も変わってきますし、トロの部分も少なかったりしますよね。

 

しかも、旬のさんまで最も脂ノリのいいさんまはマグロのトロに匹敵されると言われることから、トロさんまとも言われるそうです。マグロのトロに匹敵する量の脂のノリ具合ってすごいですね^^;食べ過ぎて脂肪がたくさんついてしまった…ということでしょうか?

 

次では、さんまの脂のノリ具合について紹介していきますね。

 

脂のノリ具合が変わるってホント?

metabolic_woman

さんまの旬かどうかは脂のノリ具合によって決まると先ほど紹介しましたが、夏にとれるさんまと秋にとれる旬のさんまではどれぐらい脂のノリ具合が違うのでしょうか?

 

さんまは夏頃になると、北海道付近に大移動してきて捕れるようになりますが、7~8月頃に捕れるさんまの脂のノリ具合、さんまの脂の割合は約10%程度です。人間で言うと、やせ気味といったところでしょうか?

 

それに対して、9~10月頃の旬のさんまの脂の割合は約20%ぐらいになるそうです。人がこれぐらいになると、脂肪がついたのが感じられますよね(笑)。北海道から南下し始めるに連れて、徐々にさんまの脂のノリ具合がよくなっていくんです。

 

いいエサがたくさんあったんでしょうか?10%も脂肪をつけたとなると、結構丸くなっていると思います(笑)。

 

ですが、そんな旬のさんまも更に南下し、11月頃のさんまはやせ細ってしまい、脂肪は約5%近くになってしまうんです。このさんまは「やせさんま」とも言われるぐらいで、旬のさんまに比べるとだいぶ味が落ちてしまうそうなんです。

 

さらに、さんまは春と秋に産卵をする魚だということで、産卵を終えたさんまともなると、もう脂肪はほとんどないそうなんです。なので、このようなさんまは干物として食べられることが多いそうですね。

 

産卵をするために脂肪をつけていたんですね。さんまの産卵事情を知ってしまうと、旬の脂のノリ具合がいいさんまを食べることに少し申し訳無さを感じてしまいます。

 

ですが、一番脂のノリ具合が良くて旬なのは、9月~10月のさんまということで間違いないでしょう!

 

スポンサードリンク

 

鮮度のいいさんまってどんなの?

45ebbdf8a0296bd9e8f4b0102514d45c_s

 

旬の時期のさんまが9~10月ということは分かったけど、スーパーなどのお店で売ってるさんまが脂がのっていて新鮮なさんまかどうか分からないですよね。

 

そこで、どんなさんまが脂が乗っていて新鮮なさんまかという見分け方は

 

・黒目の周りが透明である

・体全体に光沢がある

・お腹周りが白く輝いていて丸くなっている

・身が反り返っている

・口先が黄色い

 

という5つの点で見分けられます。注意して見てみると結構違いがわかると思うので、スーパーやお店でさんまを買うという時は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

また、スーパーでは生さんまと解凍さんまというものがありますが、9月~10月の旬の時期は生さんまの方がおすすめですが、11月以降は解凍さんまのほうがおすすめです。

 

というのも、解凍さんまは9月~10月頃の旬の時期のさんまを冷凍保存して、スーパーで売られるときに解凍しているので、脂ののりは生さんまよりもよくなるのです。

 

脂ののった新鮮な生さんまは傷みやすいのでその日に食べるようにしましょう。どうしても、食べきれなくて冷凍保存するという際は、必ず内蔵を取り除いてから冷凍保存してくださいね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

せっかくさんまを食べるのであれば、旬で脂ののったさんまを食べたいですよね。スーパーなどでしっかりと見極めて美味しいさんまを食べたいですよね。

 

さんまに関する記事はこちら

さんまに含まれる栄養ってすごい!驚くべき9つの効能!

さんまの焼き方!フライパンで手軽に焼く方法!

さんまの漢字が一文字じゃないのはなぜ?由来と関係あるの?

さんまに関するまとめ

 

スポンサードリンク