27e659d6b5b68b4bdbadf2427d230455_s

 

あなたは、鹿とトナカイの違いがわかりますか?

 

クリスマスの日にサンタクロースと一緒にやってくるのはトナカイですが、言われてみれば鹿とトナカイの違いってなんだろう…。という人が多いと思います。

 

鹿は日本風で、トナカイは洋風という感じがしますが、実際のところ違いはあるんでしょうか?そこで今回は、鹿とトナカイの違いをまとめてみました。

スポンサードリンク

トナカイはシカ科!

見出しが全てですが、トナカイはシカ科のトナカイ属なので、トナカイは鹿の中の一種になります。ちなみに、奈良にたくさんいる鹿もニホンジカと言って鹿の一種です。

 

つまり、ニホンジカ、トナカイ、エゾジカなどたくさんのシカ科の動物を全部ひっくるめて「鹿」と言います。

 

要するにトナカイも鹿ってことですね。

 

だから、鹿とトナカイの違いは何?という質問自体が間違っていて、トナカイと他の鹿の違いは何?というのが正しいのです。

 

少しややこしくなりましたが、トナカイは洋風の鹿、奈良にたくさんいるニホンジカは和風の鹿というイメージで問題無いと思います。

 

トナカイと他の鹿の違いはツノにあり!

15059d834dd3e6d5db3f04fb07d26556_s

 

トナカイは鹿の一種と紹介してきましたが、私達がよく知っている奈良にたくさんいるニホンジカとトナカイの違いは何かというと、主にツノにありました。

 

だいたいの鹿はオスにしかツノが生えませんが、トナカイはオス・メス両方にツノが生えます。

 

鹿にツノが生えているのは、他のオスと戦うためや、エサ探し、自己アピールのためなので、だいたいの鹿のメスはツノが生えていません。

 

ですが、トナカイは寒冷地に住んでいるということもあり、メスも雪を掘ってエサを探すためにツノが生えています。

 

日本とは違って、寒冷地は環境が過酷なので、他の鹿とは違うようにトナカイは進化したみたいですね。

 

スポンサードリンク

サンタクロースを引っ張るトナカイは全てメスだった?

サンタって結構ひどいやつだな…と思ってしまいますが、自分を引かせているトナカイは全てメスだったんです。種族が違うので、さすがにハーレムとは違いますが、ちゃんとした理由がありました。

 

そもそも、なんでサンタを引っ張るトナカイの性別がわかるの?という感じですが、これもトナカイのツノが関係していたのです。

 

他の鹿とは違い、トナカイはメスにもツノが生えていると先ほど紹介しましたが、トナカイはオスとメスでツノが生える時期が違うのです。

 

オスのトナカイは、春にツノが生えて秋から冬にかけて抜け落ちます。それに比べてメスのトナカイは、冬にツノが生えて春から夏に抜け落ちます。

 

つまり、クリスマスの日にツノが生えているトナカイは、メスのトナカイということになります。

 

クリスマスにサンタクロースを引いてるトナカイは、ツノが生えているのが特徴的ですよね。ツノがないトナカイはあまり見たことがないと思います。

 

ちなみに、オーストラリアなど南半球ではクリスマスは夏場なので、逆にトナカイは全てオスということになります。

 

サンタクロース自体が空想なので、トナカイの性別なんて興味ねぇよ!と言われてしまえばそこまでですが、クリスマスの日に話題がなくなったら、話してみるといい豆知識にはなると思います^^;

 

サンタクロースを引くトナカイには序列や名前があった!?

74e491a509a9e6688ee62ad94b3039a1_s

 

ソリに乗ったサンタクロースを引くトナカイですが、なんと名前や序列があるそうなんです。

 

鹿の仲間のトナカイに、上下関係があるのか?と思って調べてみたところ、クリスマスにサンタを引くトナカイは9匹いて、先頭から順番に名前がついているそうなんです。

 

順番によって上下関係はあるかはわかりませんでしたが、名前ははっきりとわかりましたので、名前を紹介していきますね。

先頭から順に

赤鼻のルドルフ オス

ダッシャー オス

ダンサー メス

プランサー メス

ヴィクセン メス

ドンダー オス

ブリッツェン オス

キューピッド オス

コメット オス

 

なんと合計で9匹もトナカイがいたのです。絵やイメージ画像などでは、2、3匹のトナカイがサンタを引っ張っているように思えましたが、実はかなりの大勢で移動していたみたいですね^^;

 

もう一つ気になる点としては、性別です。先程クリスマスにツノが生えているトナカイは、メスだけと紹介しましたが、上記のトナカイにはオスのトナカイが半分以上いますよね。

 

実は、オスでも冬にツノが抜けないトナカイがいます。それは、去勢されたトナカイです。男性の方にとっては少し痛々しいかもしれませんが、去勢されたトナカイは、繁殖能力と引き換えにツノが抜けません。

 

北欧では、トナカイを牧畜する人は繁殖時期にオス同士のケンカを押さえるために、トナカイの去勢は欠かせないそうなんです。

 

サンタクロースはトナカイを牧畜するために、オスのトナカイに去勢させていたのかもしれませんね…。

 

そもそも、サンタクロースが空想なので、トナカイの性別も適当に決められていたのかもしれませんが^^;

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

トナカイも鹿だということや、クリスマスのトナカイについて紹介してきましたが、トナカイの生態がわかると、なんだかクリスマスをリアルに感じられなくなってきてしまうのは私だけでしょうか?

 

スポンサードリンク