b9736f37c7dd2d670040365e588e7a1d_s

 

秋といえば、新米の時期ですよね。毎日お米を食べるという方にとっても、新米は特別に感じる人も多いかと思います。秋の味覚ともされる新米、場所によって時期なども違うかと思いますが、いつからが新米なのかという疑問もあるかと思います。

 

そこで今回は、新米の時期などについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

新米の時期

新米の時期としては、主に9月~10月とされています。

 

時期は、西から北へと北上していくように時期が遅くなっていきます。なので、九州などでは、8月が新米の時期になっていたりもします。

 

各地域の新米の時期の目安とは、

沖縄、6月下旬~7月初旬

九州、8月初旬

関西・関東、8月下旬~9月初旬

新潟地方、9月初旬

東北、9月下旬~10月頃

北海道、9月中旬~10月

というようになっています。

 

 

見ても分かるとおりに、新米が最も早く収穫されるのは沖縄になっています。6月に新米が採れるなんてとても早いですね。本州では梅雨の真っ最中ですが、沖縄ではちょうど梅雨明けぐらいみたいですね。

 

なので、沖縄から順に北上していくと新米ばかり食べられるということですね^^

 

新米の地域がだいたい9月ぐらいというイメージがあるのは、日本シェア1位で有名な新潟の魚沼産コシヒカリの時期が9月ぐらいだというのが影響しているのかもしれません。

 

もちろん、西の方でも地域や気候、品種や出荷する時期などことなってきますので、同じ地域でも時期が遅くなってくることもありますので、一概に西の地域は新米の時期が早いというわけではなさそうです。

 

新米を買う際には、新米の中でも特に精米の時期が新しい新米がおすすめです。というのも、精米すると、それ以降は時間が経つに連れどんどん品質が低下していくからです。

 

とはいっても一番注意したほうがいいのはお米を買う量ですね。私自身もよくやってしまうのですが、安いからといってお米をたくさん買いすぎて、食べきるのに時間がかかってしまいます^^;

 

時間が経ってしまうと、いくら新米といえども酸化して味や品質が落ちていってしまいます。なので、自分や家族が食べきれる適量をこまめに買うことを心がけた方がよさそうですね。

 

スポンサードリンク

いつからいつまでが新米?

いつからいつまでが新米の基準なのかご存じですか?古米なのに、いつまでも新米と表示されていたら嫌ですよね。

 

そこで調べてみたところ、これと言った基準らしいものはないのですが、米穀年度制とJAS法のふたつの基準が新米という表記に関係していることが分かりました。それぞれ詳しく紹介していきますね。

7db602d7b2b8b386d2c6a652e81288bc_s

 

米穀年度とは?

学校の年度のように、お米も1年を区切りとして新米と古米に分けるというのが米穀年度です。

 

この制度は、11月1日から翌年の10月31日までを1年度として米穀年度とし、その期間に収穫され販売されたお米は新米、それ以降は新米の表記から外れて古米とする制度です。

 

ここで疑問に思う人もいると思いますが、先ほど新米が採れる時期はだいたい9月頃と紹介しましたよね。ですが、9月に収穫しても、10月31日までしか新米表記されないのです。

 

収穫しても、精米したり出荷するのに時間がかかるので、実際のところ9月に収穫されたお米が”新米”でいられる期間は短くなってしまいます。

 

米穀年度は、かなり前に制定されたものなので、今の時代に合わなくなっているのは明白ですよね。なので、新米についての表示は以下のJAS法という基準の方が今の時代に合っているといえます。

 

JAS法とは?

このJAS法では、「玄米及び精米品質表示区分で、新米表示ができるのは、収穫年の年末までに精白・梱包された精米に限る」と定められています。

 

つまり、その年に収穫されたお米を、12月31日までに容器に入れて、包装さえすれば全て”新米”表記して出荷できるのです。

 

なので、収穫される時期が遅かったり、年末ギリギリに包装されたお米であれば、年が明けてしばらくの間まで”新米”表記されます。ということは、ネットで注文したり取り寄せたりすると、6月から翌年の年初ぐらいまで新米を食べ続けることができますね^^

 

‌新米と古米の違いって何?

1937d1416897c317d1a930202d49fea1_s

 

”新米”は、お米の旬の時期に採れたものなので古米よりも美味しいと思いますが、古米と比べるとどれくらい違いがあるのでしょうか?

 

とはいっても、日本でのお米の貯蔵方法や管理方法も進化しているので、容器に包装された状態だと新米と古米を見分けるのはほとんど不可能なそうなんです。

 

確かに、見た感じだとお米ってどれも同じのような気がします^^;それも日本のお米に対する技術の結晶だということですね。

 

ですが、新米と古米の決定的な違いは炊き上がりや味わいにあるそうなんです。新米の方が水分量が多いので柔らかかったり、香りが高く、お米の光沢や粘り気も違うそうなんです。

 

素人の私にはそこまでの違いは分かりませんが、新米だとそれだけで、何となく美味しいという感じはします。どんな食べ物でもそうですが、旬の時期に食べた方が美味しく感じられますよね^^

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

新米の時期って、9月ぐらいというイメージが強かったかと思いますが、そうじゃないと分かったかと思います。ブランドなどにこだわらないという人なら、1年のほとんどの間、新米を食べ続けることができるかもしれませんね^^

 

お米に関する記事はこちら

新米の炊き方!ひと手間加えていつもより美味しいご飯に!

稲刈りの時期っていつ?タイミングで味が変わるってホント?

 

スポンサードリンク