4dfab947d4fdec4897c95a7879173551_s

 

9月の祝日といえば秋分の日ですよね。大型連休にもなったりするので、知っている人も多いと思います。ただ、秋分の日の意味や由来を知っている人は少ないと思います。秋分の日が祝日になった理由やそもそもの意味、何をする日なのか?疑問に思ったこともあると思います。

 

そこで今回は、秋分の日の意味や由来などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

秋分の日の意味や由来って何?

秋分の日が国民の休日だということはほとんどの人が知っていると思います。でも、その意味や由来ってよく知らないよという方も多いんじゃないでしょうか?

 

なんとなく、昼より夜のほうが長くなる節目の日であったり、一年の中で一番秋っぽい日と思う人もいるかもしれません。私もそう思っていました^^;。ですが、ちゃんとした意味があったのです。

 

秋分の日というのは、1948年の祝日法によって制定された国民の祝日の一つで、”祖先を敬い、亡くなった人々をしのぶ”ということを趣旨としています。

 

秋分の日というぐらいだったので、もっと秋らしいことを意味している思っていたので、とても意外でした^^;。なぜこのような意味になったのか調べてみたところ、

 

もともと日本の農村では、春分の頃に豊作を祈り、秋分の頃には収穫期ということもあり、豊作を祝う自然信仰がありました。祖先の霊を山の神様としてたたえ、春分より前に山から里に迎え、秋分以降に里から山へ送る儀式が行われていたのです。

 

しかし、仏教が日本に浸透するに連れ、秋分の日はその前後3日間含めた7日間を「秋のお彼岸」として祖先を敬い、亡くなった人をしのぶという意味合いになっていきました。

 

さらに、明治時代に宮中で秋季皇霊祭(しゅうきこうれいさい)として祖先を祀る日(まつるひ)となったことがきっかけで、一般市民の間でも習慣化するようになったのです。それで、1948年に祝日法の制定で秋分の日として祝日になったのです。

 

秋分の日って何となく祝日でラッキーという風にしか思ってなかったので、こんなに深い意味があったなんで思いもよりませんでした^^;

 

スポンサードリンク

 

秋分の日って何をするの?

f559d48acfc54f8f48424f890f55ff81_s

 

秋分の日は祖先を敬い、亡くなった人をしのぶということを意味していると紹介しましたが、実際のところ何をする日なのかイマイチ分からない人もいると思います。

 

先ほども少し説明しましたが、秋分の日を含めてその前後3日間のことを「秋のお彼岸」といいます。祖先を敬ったり、故人をしのんだりする期間です。家によっては、休みが重なると親戚が一同に集まりお墓参りに行ったりしているかもしれませんね。

 

それに加えて、秋分の日や秋のお彼岸の期間におはぎを食べたことのある人もいるんじゃないでしょうか?

 

なぜ「おはぎ」なのかというと、おはぎの元である「あずき」は神聖な食べ物で、あずきの赤い色は魔除けの効果があると信じられていました。それに加えて、おはぎに使う砂糖は昔は高価なもので、甘いおはぎは特別な日にしか作られなかったというのもあります。

 

ということもあって、高価で魔除けの効果のある甘いおはぎを、ご先祖様を供養するためのお供え物とすることで、ご先祖様の邪気払いをしていたのです。

 

なので、秋分の日に本来することは、お墓参りに行って親戚一同でおはぎを食べながらご先祖様の供養することのようです。

 

2015年は秋分の日がうまく日が重なって、シルバーウィークといわれる5連休も休みがありましたが、2016年は大型連休はなさそうなので、親戚一同が集まるのは難しいかもしれませんね。

 

それでも、今年はお墓参りに行って、ご先祖様にあいさつをしておはぎを食べてみてはどうでしょうか?

 

シルバーウィークについてはこちらの記事でも紹介しています
2016年の秋分の日っていつ?シルバーウィークがなくなる?

 

昼と夜の長さが同じになるってホント?

bf38581cbe2b592e432137c9ebe6642c_s

 

先程まで秋分の日を日本の風習としての意味を紹介してきましたが、天文学的な意味合いでは春分や秋分は世界共通なのです。

 

よく秋分の日を堺に昼よりも夜のほうが長くなるという意味で理解しているという人も多いと思います。本当は、少しだけ昼間の時間の方が長くなっているのですが、実は世界共通でこのことがいえるのです。

 

もちろん国や地域によって少しの時差はありますが、春分・秋分の日は世界のほとんどの国や地域が昼と夜の長さがほぼ同じになります。世界的にもそうなってたなんて…本当に意外でした。

 

ただ、世界的に見て春分の日や秋分の日を祝日にしている国は日本ぐらいで、この日を祝日にしているのはとても珍しいようです。日本は四季の変化が美しいので、そういった風習が生まれたのかもしれませんね。

 

ともあれ日本は秋分の日が祝日でよかったです^^;

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

秋分の日って単純に祝日で休みだ~!と思っていた人も多かったと思います。休みは休みなので、秋分の日が嬉しいことに間違いはないですが、たまにはこういった日本の風習にあった生活をしてみるのもいいかもしれませんね。

 

9月の祝日に関する記事はこちら

9月の祝日に関するまとめ

2016年の秋分の日っていつ?シルバーウィークがなくなる?

2016年の秋のお彼岸はいつ?意外な意味や由来って何?

敬老の日の手作りのプレゼントはこれ!おすすめ7選!

敬老の日の人気プレゼント8選!

 

スポンサードリンク