389c70f8ed305a59819095b2d1652577

七夕の物語といえば、織姫彦星ですよね。

 

年に一度7月7日だけ、天の川を超えて織姫と彦星は会うことができると言われています。

 

実際のところはどうなんでしょう?織姫星や彦星、天の川はあるとは聞いたことあるけど、星のこととか興味ない人には全然わからないですよね。

 

子供にどれが天の川で彦星なの~?と聞かれてタジタジ…なんてことありませんか?そこで、今回は織姫星や彦星はどこにあるのか見分け方などをみていきます。

スポンサードリンク

夏の大三角形と天の川

そもそも、織姫星や彦星ってなに?と思う方もいると思いますが、それは夏の大三角形が大きく関わっています。

 

夏の大三角形が何なのかや織姫星や彦星って何かを考えながらみていきましょう。

 

夏の大三角形

夏の大三角形ってなんとなく聞いたことあるけど…正直良くわからないという人も多いんじゃないでしょうか?私も最近まで、聞いたことはあったけど何のことかちんぷんかんぷんでした。

 

そこで、調べてみたところ

 

夏の大三角形は何かというと、3つの星座をつなぐ三角形のことを指しているので、夏の大三角形自身は星座ではありません。

 

夏の大三角形は、

 

・はくちょう座のデネブ
・わし座のアルタイル
・こと座のベガ

 

という夏に代表される3つの星があって、それらを線で結ぶと三角形に見えることから夏の大三角形と呼ばれます。

 

天の川

なぜ、夏の大三角が七夕の織姫や彦星と関係があるのかまだわかりませんよね。そこで、登場するのが天の川です。三途の川じゃありませんよ(笑)

 

天の川とは、無数の星の集まりの銀河が私達のいる地球から見ると、川のような形に見えることから天の川と呼ばれます。

 

この天の川を挟んで、向かい合うように位置しているのが、こと座のベガとわし座のアルタイルです。

 

そして、

 

・こと座のベガのことを織姫星
・わし座のアルタイルのことを彦星

 

という名前で呼ばれています。

 

なんとなく気づいたかなと思いますが、夏の大三角形の内、こと座のベガとわし座のアルタイルが、七夕のお話に出てくる織姫と彦星のことを指しているのです。

 

じゃあ、残りのはくちょう座のデネブは関係ないじゃん!と思われると思いますが、ちゃんと七夕のお話に出てきています。

 

織姫と彦星は、年に一度の7月7日にだけ会うことができますが、この日は、カササギという鳥が大量の羽で橋を作り天の川に橋をかけて、2人の橋渡しをしました。

 

はくちょうではなくカササギという鳥が元になっていますが七夕物語は中国発祥ということもあるので、話の解釈の仕方などによって変わってくるのかと思います。その辺はご愛嬌ですね^^;

 

ちなみに、織姫星と彦星は15光年?の距離があってとてつもなく離れているので、七夕の時期になると、織姫星と彦星が
天の川を超えて近づくということにはならないようですね。

 

さすがにそこまでロマンチックではなかったようです。

 

スポンサードリンク

 

夏の大三角形の見つけ方

夏の大三角や、天の川のことが分かったところで実際にどれが夏の大三角や天の川なの?というところですので、実際に写真を参考にしながらみていきましょう。

 

まず、一番見つけやすいのが織姫星です。

 

織姫星はひときわ明るく輝いているので見つけやすいんです。東の空にあるのが織姫星なので、東の上空で一番明るい星を探して下さい。

 

ちなみに、この赤のまるで囲った星が織姫星です。

 

2016-05-20_20h54_47

織姫星を見つけると、次は彦星ですね。
彦星は七夕の物語にもあるように、天の川の反対側にあります。なので、反対側をよく探してみてください。

 

天の川自体が見づらいのと、彦星は織姫星に比べると明るさが劣るので、少し探しづらいかもしれませんが、よく探してもらうと見つかると思います。

 

赤の丸で囲った星が彦星です。

 

2016-05-20_20h54_10

そして、織姫と彦星が見つかったら、後は3つの星を結ぶと三角形ができる位置にはくちょう座のデネブがあるので、探してみましょう。

天の川の部分にデネブがあるのと、織姫と彦星に比べ少し暗いので、一番探しづらいかもしれません。

 

ちなみに下の写真で赤丸で囲った部分がデネブです。

 

2016-05-21_00h22_54

3つの星を見つけて、結んであげると夏の大三角の完成ですね。

 

ただ、星を見つけるにあたって、都会など街の光が強すぎる場所だと見つけるのは難しいです。自然の多い場所や明かりの少ない田舎に行かないと見えづらいようですね。

 

それに、7月7日は季節的に曇っていたり、雨の日が多く七夕の時期に夏の大三角を見つけるのは困難ですね。

 

月の光などの影響もあるので、夏の大三角形を見るのにおすすめの時期は、8月の上旬から9月ぐらいがおすすめです!

 

この時期は、普段見にくい天の川も条件が揃えばはっきりと見えるので、彦星も探しやすいです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

七夕に関係のある織姫ほしや彦星、夏の大三角形についてみてきましたが、こういう七夕や星のことって子供はすっごく興味があるんですよね。

 

なので、子供がしつこく聞いてきたりすると、うっとおしい…と思わずに七夕のことや星のことを説明してあげて下さい。そうすれば、子供もよろこぶこと間違いないですよ。

 

スポンサードリンク