tanabata_title

 

 

 

 

 

7月7日といえば七夕ですよね。七夕っていうと織姫と彦星ですが、その由来を知っている人は少ないんじゃないでしょうか?

 

また、子供に「七夕ってなあに?」と聞かれて「ううん…」どう説明すればいいのか分からない…ってなることも多いと思います。

 

なので、今回は意外と知られていない七夕の由来や子供向けにどう説明すればいいのか紹介していきます。

スポンサードリンク

七夕の由来

7月7日といえば七夕ですよね。短冊に願い事を書いて笹の葉に飾ったことがある人も多いんじゃないでしょうか?他にも七夕は1年に1度だけ、織姫(おりひめ)と彦星(ひこぼし)が天の川を超えて会うことのできる日、ということはよく知られていますよね。

 

じゃあ七夕の由来って何?ということですが次の2つの説が合わさってできたと言われています。

 

日本の棚幡(たなばた)

昔の7月7日は、”水の神様”を迎える行事を行う日とされていたそうです。その日に、村から選ばれた「棚機津女(たなばたつめ)」と呼ばれる女性が、神聖な小屋の中で、夜を通して機(はた)を織って神聖な着物を作っていました。

 

そして、その着物を神様の棚に供えて秋の豊作を願う、という行事でした。

 

その時、女性が機を織っていた時に使っていた機械が「棚機(たなばた)」と呼ばれるものだったので、七夕の由来になったと言われています。

 

字が違うじゃん!って感じですが、その行事が毎年7月7日の夕方から行われていたので当て字として呼ばれるようになったとも言われています。

 

中国から伝わった説

次の説は、中国の乞巧奠(きこうでん)という行事がもとになったと言われています。この行事は、機織りが上手な織姫にあやかって、女性が裁縫の上達を神様に祈願する行事です。

 

この時に出てくる織姫が、あの有名な織姫で、今の日本で織姫と彦星の七夕物語としてよく知られているものです。

 

織姫と彦星の七夕物語

orihime_hikoboshi_bg

もとは中国に伝わる伝説だったようで、それがそのまま日本に伝わってきたみたいですね。どんな話だったかみていきましょう!

 

昔々、夜空に輝く天の川の近くに天の神様が住んでいました。

 

その神様には織姫という娘がいました。

 

昔の中国で女性は、綺麗な着物を織ることが仕事で織姫もその例外ではなく、一生懸命働いていて、とても美しい着物を織っていたそうです。

 

神様の娘でも一生懸命働いていることに感激しました(笑)

 

織姫が年頃になった時、神様は織姫にふさわしい結婚相手を探し始めました。そこで見つけたのが、彦星という、働き者の牛飼いの青年です。

 

神様は彦星の事を気に入って、織姫に引きあわせるとなんと2人とも一目見ただけで好きになったそうです。

 

お見合いで、2人とも一目惚れって…奇跡に近いですよね。羨ましいです。

 

織姫と彦星は無事結婚しましたが、問題が起きてしまったのです。

 

2人とも、お互いのことに夢中になりすぎて、互いの仕事をほっぽり出すようになってしまったのです。ようするに、2人とものろけすぎて働く気がなくなったようです。けしからんです。

 

そんなわけで、織姫が着物を全く作らなくなったので神様が着る着物がボロボロになっていき、彦星が牛の世話をしなくなったので牛が衰弱していき最悪の状況になってしまいました。

 

そんなわけで、怒った神様が、天の川をはさんで2人を離れ離れにしました。

 

織姫は彦星と離れ離れになってしまい、悲しみに暮れ泣き続けていたので神様もかわいそうと思い、2人とも一生懸命働くなら1年に1度7月7日の夜にだけ2人が会うことを許しました。

 

それにしても1年に1度しか会えない夫婦って、一見純愛にも見えますが、一歩間違えれば完全な”別居状態”ですよね。2人とも別の相手を見つけたほうがいいかもしれません。(笑)

 

実際に、7月7日に雨が降るとその雨は、彦星が他の娘に目移りしたので、織姫が悲しくて流した涙
と言われています。…子供にはこんなこと言えないですよね。

 

スポンサードリンク

 

なぜ短冊に願い事を書くのか?

なんで、七夕の由来や、織姫と彦星のことはわかったけど短冊に願い事を書くのとどう関係あるの?という疑問が出てくると思いますが

 

笹の葉がある竹は、天に向かって生えていくので願いが天の神様にまでちゃんと届くようにという意味があるのと先ほど七夕の由来だと挙げた、中国の乞巧奠(きこうでん)で女性が天の神様に裁縫の上達を願うこと

 

さらに日本の昔からある、五節句の行事に5色の短冊に詩歌、習い事などの上達の願いを書き記していたということがごちゃ混ぜになって笹の葉に、願い事の書いた短冊をくくりつける習慣ができたのです。

 

とはいえ、もともとは”何かを上達すること”を願いごととしていて、最近ありがちな、プロ野球選手になりたいやお金持ちになりたい…など将来の夢を書くものではなかったようですね。

 

子供向けに話すには

tanabata_amanogawa

今までのことを踏まえて、子供向けにどうやって話せばいいかですが気をつけることは織姫と彦星のお話から

 

・好きなことだけしてはいけない
・一生懸命努力すれば願いは叶う

 

という教訓をうまく伝えることが大事ですね。

 

とはいっても、”七夕ってなあに?”と子どもに聞かれた時、織姫と彦星の話を一方的に子供にしても飽きられてしまうので、ベランダや庭に出て子どもと一緒に、織姫星(こと座のベガ)と彦星(わし座のアルタイル)を一緒に探しながら、

 

どうして織姫と彦星は離れ離れになってしまったのか説明してあげたり、なんで一年に一度だけ会えるようになったのか子供に伝えるといいですね。

 

具体的には、

 

好きなことばかりしていると織姫と彦星が離れ離れになったように大事な人や物を失ってしまう。諦めずに一生懸命に努力していれば、織姫と彦星が7月7日に一度だけですが再会できたように自分の夢や目標を叶えることができる。

 

ということを話に織りまぜながら、七夕の短冊には子供が今、頑張っていることに対して上達するようなことを書いてもらうのがベストですね。もちろん、子供の年齢によって話し方や言葉の表現は変わってくると思いますが、参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

今回は七夕の由来や子供向けにどう説明すればいいのか書いてきましたが、七夕の風習は子供だけでなく、私達大人も学ぶべきことがたくさんあります。

 

ぜひ子供に教えながら、あなたもいろいろと発見をしてみてください。

 

七夕に関する記事:七夕のおろ姫星と彦星はどれ?

 

スポンサードリンク